01

「うわあああん!!のさるのばかーーー!!!もう、ブルーベルのまけでいいわよーーーっ!!!」

ブルーベルは、もりのなかで、のさるとかくれんぼしてたのに。
いない、いないいないいないどこよーっ!!ってさがしまくっていたら、いつのまにか、ぜんぜんしらないとこにいた。

あまりとおくにいってはいけませんよ、って桔梗にはいわれてたけど、むちゅうになってあそんでたら、そんなのわすれちゃうじゃない?

「にゅーっ!!なんでへんじしないのよぅっ!!ブルーベルが、まけてあげるっていってるのよ!!ありがたいとおもいなさいよーーーっ!!」

……でも。のさるはでてきてくれない。
かぜにゆれて、あかやきいろになったはっぱが、ざわざわしずかにゆれてるだけ。
あるくと、つちにおちてるはっぱが、ブルーベルのあしにふまれて、カサカサおとをたてるだけ。

「あ…」

かぜと、はっぱだけじゃない。
ことりさんのこえ。
それから、だれかがうたってるこえ。

おとこのこの、こえ。
でも、のさるみたいに、ブルーベルとおなじくらいのこどものこえじゃなくて、…ちょっと、おにいさんっぽいうたごえ。

なんていう、うたなのかな。
ブルーベル、そっちのほうにいってみた。

「みずうみ…?」

きれいな、あお。
ブルーベルがだいすきな、みずのあお。

きれいなあおのなかで、きれいなこえが、やさしいうたをうたってる。

……あのひとだわ。
あれって、ジャッポーネの「がくせいふく」だったっけ?
ちゅうがくせいとか、こうこうせいとか、きるふく。

ちゅうがくせい、かな。
びゃくらんや、桔梗より、けっこうちいさいもん。

あ…ことりさん、いっぱい。
ちかくのきのえだにとまって、まるであのひとのうたを、きいてるみたい。

やさしい、こえ。
そのひとがてをのばしたら、ことりさんがチチチってないて、てやかたにとまった。

「きゃ…!」

バサバサって、たくさんのとりさんが、いっぺんにとんで…にげちゃった。
ブルーベルの、せい?

ことりさんは、きっとあのひとがすきで、あのひとのうたをきいていたのに、ブルーベルがきたから、とおくにいっちゃったの…?

「……遠くには、行っていないよ」

ブルーベル、びっくりした。
ブルーベルはなにもいっていないのに、そのひとが、こっちをふりかえらないまんま、ブルーベルのこころにおへんじをしたから。

「あの小鳥たちは、人間にえさを貰ったこともない、本当の野生の鳥だから、人間が来るとびっくりして逃げてしまうんだ。でも、この辺りに住んでいるから、また戻ってくるよ」

こうちゃいろの、かみのけだけど、おひさまのひかりがあたって、かぜがふわっとふくと、すこしきんいろにゆれてみえる。

「にゅ…。あんただって、にんげんでしょ」
「……どうかな」
「にゅーっ!どうかな、ってなによぅっ!!にんげんじゃなかったら、なんなのよー!!」
「……何なのかな」
「ブルーベルのほうが、きいてるのよ!!」

そこまでいって、ブルーベルは、きゅうにこわくなった。

ことりさんは、こわがらないけど。
このひとは、にんげんじゃ、ないのかもしれないって……いってるの…?

「…大丈夫だよ。僕は、君に何もしない」

はじめて、そのひとが、ふりかえった。

「僕には、何も出来ない」

みどりのめをして、やさしそうにわらってる。
どうしてか、ブルーベル、ほっぺたあつくなった。

「にゅっ。フツーだわ」

ブルーベル、べつにおこってないのに、おこってるみたいなこえになっちゃった。

「イケメンじゃないわ」
「…………」
「にほんじんのひっすあいてむ・めがね」
「…………」

そのひと、きょとんとして、それからこまったみたいなおかおでわらった。

「僕、眼鏡がないと、殆ど目が見えないんだよ。……まあ、白蘭サンの1万分の1も格好良くないけど」

ブルーベル、おどろいた。
「びゃくらん、しってるの?」
「……知っているよ。君が会いたい人だろう?」
「うん…」

のさるとかくれんぼしてたけど、のさるはユニのところに、ブルーベルはびゃくらんのところにかえるんだもの。

「…ねえ。さっきのうた、なんていうの?」
「え…?」

めがねのひと、しつもんされるとおもってなかった、っていうおかおしたけど、おしえてくれた。

「ブラペパのバラードで、Forever Love だよ」
「ぶらぺぱ?…ふぉ…え、…?」

くすって、そのひとはわらった。

「"Forever Love" …永遠の愛、っていう意味」

ブルーベル、まっかっかになった。
えいえんの、あい…!!おとなの、ことばだわ!!

「にゅにゅーーーっ!!なによーっ!!----の、…」

(----のくせにーーーっ!!)
(あはは、ごめんね)

ブルーベルは、ことばをつなげられなくて、とまっちゃった。

----のぶぶんって、なに…?
ブルーベルは、しってるようなきがするのに。

それは、きっと、このひとの…
 

[ 7/100 ]

[*prev] [next#]
[図書室68]
[しおりを挟む]

×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -