02

「僕の名前、覚えてないんだね」

そのひとは、やっぱりやさしくわらったけど、すこしさびしそうにみえた…のは、きのせい…?

「おぼえてないわよ。あんただれ?」
「……もう、覚えなくていいよ」
「なにそれ」

わらわないでよ。
ブルーベル、なんだかかなしくなるのよ。

「教えても、君は忘れてしまうから」
「にゅーっ!!ブルーベルがオコサマだとおもってばかにしてるのっ?」
「……違うよ。大切じゃないものは、忘れる。それだけだよ」

ブルーベル…なきそうに、なった。
だって、ブルーベルは、このひとのなまえをおもいだせないのは、「たいせつじゃないから」じゃないって、おもうのよ。

「じゃあ…、あんたは、びゃくらんの、なんなの?」
「それは…」

ねえ、こまってるの?かなしいの?
どうして、わらってくれるの?

「……親友、って、よばれていたことも、あるかな」

びみょうな、いいかた。
いまは、そうじゃないって、いってるの?

「しんゆう、ってなぁに?」
「…。とても、仲のいい友達のこと…」

そのひとは、しずかに、いった。

「きっと…。一生に、何人も出会わないような、特別な友達…」
「とくべつ…」

ブルーベルには、よくわからなかった。

「そんなに、とくべつになかよしなら、びゃくらんはあんたのなまえ、わすれないでしょ?」
「……今は、覚えているよ。でも、僕は白蘭サンにとって大切な人間じゃないから、いつか忘れると思う。……例えば、10年後くらいには」

(たいせつじゃないから)

やっぱり、ブルーベルは、かなしいっておもった。

「どうして!?とくべつななかよしのおともだちなんでしょ?それなら、びゃくらんもたいせつっておもってるよ!!」
「……君は、優しいね」
「やさ…し、い…?」

ブルーベル、おめめぱちぱちした。
「ブルーベル…それ、たぶん、いわれたのはじめてよ」
「そうなの?」
「そーよ。ブルーベルは、かわいいかわいいって、そういわれてみんなにかわいがってもらってるばっかりよ。いっぱいワガママいっても、みんなわらってゆるしてくれるの」
「……そう」

そのひとは、にこってわらってくれた。
こまって、ないわ。さびしそうじゃないわ。

ブルーベルは、うれしかった。

「だからね、ブルーベルは、なにをしてもいいのよ。にんげんを、いっぱい…」

ブルーベルは、わくわくしていおうとして、

(いっぱい…なに…?)

ブルーベルは、じぶんのてをみた。

(あかい…?)

ブルーベルのては、あかかった。
ぬるぬるした、きもちわるいものが、いっぱいついてて、ぽたぽたって、しずくがおちてた。

ブルーベルのしたには、……うごかなくなった、にんげんが…いっぱい。

これ、みんな、しんでる…?

(あかい、ちの、いろ…?)




「…ブルーベル!もういい!!」

なにがおこったのか、しばらくわからなかった。
……あったかい。
ぎゅって、だっこされて……

…。だっこ???

「にゅにゅーーーっ!!」

ブルーベル、そのひとのうでのなかで、じたばたした。

「なにしてんのよーーーっ!!」

べつに、おこってないわ。
ぎゅってされるの、うれしかったのよ。
でも、ほっぺたあかくなって、どきどきして、だから…

「にゅにゅーーーっ!!なによーっ!!----の、…」

(----のくせにーーーっ!!)
(あはは、ごめんね)


ブルーベル…じたばた、やめた。
だって…、まただわ。

また、ブルーベルは、このひとのなまえ、いえなくて……

「…ふ…え…っ」

ぽろぽろ、なみだがでた。

「ちがう…ちがうよ!たいせつじゃないから、わすれちゃったんじゃ、ないもん…!」

いっぱい…いっぱい、たいせつなのに、おもいだせない…、おもいだせないの…!

うわああんって、ブルーベルはないた。
「ブルーベルが、ちっちゃいから…?だったら、ちっちゃいブルーベルなんか、いらない!!みんなが、いっぱい、かわいいっていってくれても、…わすれちゃったままの、ブルーベルなんか、いらない…いらない!!しんじゃえ!!」

ブルーベルが、ブルーベルを、ころせばいいんだ。
まっかに、いっぱい、ちをながして…!


「……入江、正一」

ブルーベルを、ぎゅっとしたまま、そのひとがいった。

「僕の…名前だよ」

(入江のくせにーーーっ!!)
(あはは、ごめんね)


……おもい、だした。
まっかになってさけぶブルーベルと、なにもわるいことしてないのに、ごめんねって笑ってくれる、…入江……

ぎゅっとしててくれたのが、ふっとはなれて、ブルーベルは、…さびしいって、おもった。
 

[ 8/100 ]

[*prev] [next#]
[図書室68]
[しおりを挟む]

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -