02

うるっさい。
おとこのくせに、いつまでメソメソしてんのよ。

あと、ソイツのママン。あんたもうるっさいわよ。
きーきーサルみたいにわめきちらしてんじゃないわよ。

でも…やだな。
また、ブルーベルのおかあさんがよびだされるの。

ごめんなさい、っていわないブルーベルのかわりに、おかあさんが、ほんとうにもうしわけないっていうおかおで、「もうしわけございません」ってあたまをさげるのよ。

そんなこと、しなくていいのに。
いえにかえってから、ブルーベルにかくれてなかなくたっていいのに。

……ないちゃうのは、ブルーベルが「こまったこ」……ひょっとしたら「わるいこ」にそだっちゃったって、かなしいからなのかな…

ブルーベル、わるいこ?
あいつのかおなぐって、ひっかきまくったのは、「わるい」ことなのかもしれない、けど。
ブルーベルをけなしたあいつのほうが、さきにわるくって、げんいんをつくって、ブルーベルをきずつけて……

……すっごくくやしいけど、ブルーベルはばかみたいにきずついたのよ。


あおい、かみのけ。

あおいめ。


「ヘンないろ。おまえホントはひろわれたヤツだろ」

これでも、ブルーベルはがまんしなきゃいけなかったの?
がまんできなかったブルーベルは、わるいこ?

おかあさん。おねがい。
もう、「もうしわけございませんでした」っていわないでよ。
だって、あやまるのは、こっちがわるかった、っていういみなのよ。



「ブルーベル!」

……びっくりした。
だって、きたのはおかあさんじゃなかったから。

「どーして、ショーイチ?」

ショーイチは、ブルーベルのおにいちゃん。
…だけど、おにいちゃんって、よんでない。

よびたくないから、よばないの。

「ああ、今日は母さんが出かけていて、僕が電話を取ったんだよ」

そういえば、ショーイチはにちようびも「ぶんかさい」だったから、げつようびのきょうは「だいきゅう」っていうおやすみだったんだわ。

……きょうは、おかあさんのかわりに、ショーイチがあやまるのかな。
ショーイチは、やさしいから、なにかっていうと「ごめんね」っていうんだもの。

「何があったんだい?話してご覧」
「…………」
「僕はブルーベルを信じるよ。君は、僕に嘘を吐かないんだから。全部本当のことだって信じるよ」

かがみこんで、めせんのたかさをあわせてくれる、やさしい「おにいちゃん」。
ショーイチはすきだけど、「ごめんなさい」とおなじくらい「おにいちゃん」っていってあげない。

でも、ショーイチがしんじてくれるっていうから、ブルーベルはいままであったことを、ぜんぶはなした。

ブルーベルのあおいかみのけ、ヘンっていわれつづけてること。

めもあおいから、おかあさんのこどもじゃないっていわれてること。

だから、ゆるせなくって、おもいきりなぐって、ちがでるまで、ねこみたいにひっかいてやったこと。

「まえは、なぐっただけ。ひっかいて、はなぢがでるまでやりかえしたのは、はじめてよ。でも、ブルーベルをいじめたのはそっちがさきなのに、なぐられたって、なくのよ。せんせいは、なぐっちゃダメだし、なかせちゃダメっていうのよ」

そこで、またアイツのママンがきーきーさわいだ。
ブルーベルがらんぼうでわるいっていってる。

「静かにしてくれませんか。僕は今、この子と話をしているんです」

ショーイチが、そのママンに、おおきなこえじゃないけどピシッといったから、ブルーベルはびっくりした。うるさいあっちのママンもおどろいたかおしてだまった。

「それだけ?」
「おかあさんが、ごめんなさいってあやまりにきたのは、たぶん5かいくらい。でも、ブルーベルは、まいにちいじわるなこといわれてるわ。いっぱい、まいにちがまんしてるわ。きょうは、ソイツをぶんなぐってひっかいたけど、ソイツだけじゃないのよ。そいつの“おともだち”も、むれてブルーベルにひどいことをいうのよ」

……なくもんか。
ブルーベルは、あいつみたいに「ひきょうもの」にはならないんだから。

なくのは、ズルイわ。
ないただけで、「わるくない」「かわいそう」になるのは、ブルーベルはイヤなのよ。

「でも、ブルーベルには、あんなやつは、“おともだち”じゃないよ…」

こえが、ふるえる。ないちゃ、ダメなのに。

「……おとなだって、キライなやつとは、なかよくしてないじゃないの!なのに、せんせいは、“みんなおともだち”で“みんなとなかよくしようね”って、“むりなんだい”をおしつけるのよ!!ブルーベルばっかり“ごめんね”っていいなさいっていうのよ!!」

さけんで。

ブルーベル…ないちゃった……
 

[ 67/104 ]

[*prev] [next#]
[図書室66]
[しおりを挟む]


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -