01

ブルーベルには、大嫌いな奴がふたりいるの。

ひとりはユニっていう女の子。
多分ブルーベルと同じくらいの歳のくせに、ジッリョネロファミリーのボス。
今は、一応はブラックスペルっていう名前がついてる奴らのボス。桔梗が、「表向き」ジッリョネロとは合併したっていうことになってるから、ユニは「表向き」ミルフィオーレのNo.2。

それでも気に入らないわ。ブラックスペルの奴らは、今でもユニのことを「姫」って呼ぶのよ。
どの辺が姫?ユニなんて、負けたジッリョネロのボスの娘ってそれだけじゃないの。ユニの母親はただの「ボス」だったくせに、どーしてユニは「姫」?どっかの国の王女様でもない癖に。チヤホヤされていい気にならないで欲しいわ。

…あ。いい気になる方法ももうないんだったわね。
だって、白蘭がユニに薬を飲ませたんだもの。精神が崩壊する薬なんだって。
ユニは、ちょっとくらいは感情は残ってるみたいだけど、何も出来ない。自分では体を動かすことも出来ないお人形よ。
お人形のくせに、No.2とかいう建前だから、白蘭が何か命令をしない限りは、ただむやみに豪華な椅子に毎日座ってるだけ。

いい気味だわ。
ブルーベルは、体の全部じゃなくて、足が動かなくなって、泳げなくなってしまったことがあるの。

絶望、ってこんな気持ちなんだって、初めて知ったわ。だって、泳げないブルーベルなんてブルーベルじゃないのよ。水に拒まれるブルーベルなんて、許せない。ブルーベルを拒む水なんて、許せない。

こんな世界滅びてしまえばいいのよ…!!

そう思って倒れていたブルーベルを助けてくれたのが、びゃくらん。
びゃくらんは、ブルーベルの足を治してくれたわ。泳げるようにしてくれたわ。人魚みたいな姿に変身する能力もくれたわ。

そう、ブルーベルは、びゃくらんが大好き。
なのに、びゃくらんはユニを大切にするの。びゃくらんは、「表向きそういう風に見せておかなきゃね」って笑うけど。
お飾りでも、ユニがいるからブラックスペルは嫌々でもミルフィオーレファミリーの中でも真面目に働いてくれるからって。

でも、イヤなものはイヤよ。
びゃくらんのいちばんは、ブルーベルじゃなきゃイヤなの。だって、ブルーベルのいちばんは、びゃくらんなんだから!

あと、もうひとりいるわ。ユニよりもだいっきらい!

それは、「入江正一」っていうやつ。
ソイツって、びゃくらんの「親友」なのよ!

気に入らない、気に入らない!気に入らない!!
だって、親友って、ただ「親しい友達」じゃないのよ。ただの仲良しじゃないのよ。
とっても「特別」なお友達、っていう意味。

びゃくらんが言ってたけど、「正チャン」と出会えたから、びゃくらんの素敵な力が目覚めたんだって。大学時代からずーっと一緒にいたんだって。ゲームするの、すっごく楽しかったんだって。

びゃくらんは、入江がいつか裏切るのなんかとっくにお見通しだったんだけど、それでも「親友」なんだって。
そのくらい、入江はびゃくらんの特別。

特別だから、パソコン上のゲームだったチョイスをリアルヴァージョンにして、「旧い世界と旧い友人」とのお別れセレモニーにするんだって。

……ちょっと!どんだけ特別なの!!

その「正チャン」は、びゃくらんにとって、「世界」と同じくらいの価値があるの!?

ゆるせない。ゆるせない。ゆるさない。

入江正一なんて、死んじゃえ!
…ううん、ブルーベルが殺してやるんだから。

ホントは、10日間も猶予をあげなくたって、ほとんど壊滅状態のボンゴレファミリーなんか、真六弔花が総攻撃仕掛けてあげれば、あっという間に、簡単〜にぶっつぶしてやれるのにーってブルーベルはびゃくらんに言ったのよ。

でも、ふざけんぼのびゃくらんは、「それじゃつまんない」んだって。身の程知らずにもびゃくらんを倒そうだなんて思ってるバカに、わざと10日間努力する時間をあげて、でも10日後には、その努力と一所懸命を、「ぜ〜んぶ無駄なんだよ君たち♪」とか笑ってやるのが楽しいんだって。
桔梗も、びゃくらんは色んな世界で連戦連勝だから、「ありきたり」な勝利は見飽きているんですよ、って笑う。

まあ、わかんなくもないけど…
でも、早く入江を殺したいブルーベルには、やっぱり不満だわ。いくらぶっ壊すくだらない世界でも、「世界」は大きいのよ。その「世界」と同じくらい大きい入江正一なんか、ブルーベルは今すぐにでも殺したいのに。

ブルーベルは、びゃくらんとちがって、ふざけんぼじゃないのよ。
ブルーベルがびゃくらんを好き!って思う気持ちは、本気!なのよ。びゃくらんはブルーベルを可愛がってくれるけど、どうして伝わらないのかなあ?

ブルーベルは、びゃくらんにほめてもらうのは大好きだけど、頭なでなでしてもらいたいわけじゃないのに。
操り人形のユニなんか、お姫様じゃないわ。本当のお姫様はブルーベルよ。びゃくらんが、ブルーベルの王子様なの。

 だれにも じゃまなんか させない…!


チョイスの日が来た。
入江なんか殺してやる!って思ったのに、ブルーベルはメンバーに選ばれなくって残念。仕方がないから、閲覧席でゲームを観察。

もちろん、びゃくらんの隣でね!
びゃくらんがにこにこしながら入江とバイバイするところを見ていてあげるわ。


[ 74/101 ]

[*prev] [next#]
[図書室64]
[しおりを挟む]


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -