01

 
「ウチ、正一が好きだったよ」

僕は、立ち尽くした。だって、今までの言葉は…

(ウチ、正一のこと好きだ)

「本当に、好きだったんだ」

それは、僕の気の所為ではなく、過去形だった。

「でも、もう諦めるよ」

青い瞳は澄んでいて、スパナは笑ってくれた。少し、寂しげに。

「振られる以前に、信じても貰えなかったから。…それだけは、ウチ、ちょっと辛かった」

僕は、どんな顔をしていたんだろうか。
スパナは、困ったように、でも優しく笑った。

「正一がそんな顔することないよ。…今まで、しつこくして、すまない」

君の手が、僕の髪に触れようとして、でもそうしてはならないのだと、すっと僕から離れた。
赤茶の癖っ毛で、僕は好きじゃないと言ったのに、君は紅茶色で綺麗と言ってくれた、僕の髪。

そして、夕方の誰もいない教室から、君は出て行く。僕を、残して。

(ウチ、正一のこと、好きなんだ)

(からかうなよ)

(からかってない、好きだよ)

(いい加減にしてくれよ)

(でも、本当に好きなんだ)



(好きなんだ、ウチのこと信じて)



僕が戸惑って、男だろって言っても、どうしたらいいのかわからなくて邪険にしてしまっても、何度も何度も、君から贈られ続けた「好きだよ」の言葉。

僕は、信じるのが、怖かったんだ。
君は綺麗な容姿をしていて気さくで、みんなを惹き付けるひとなのに、どうして僕なんだろうって。
僕は男なんだし、頭脳だけは恵まれたみたいだけど、パッとしないチビで、こんな僕の何がいいんだろうって。

でも、臆病に拒み続けているたびに、君が傷付いていたことに、僕は気付かなかった。
好きだった、って君は僕への気持ちを過去にして、明日へと歩き出すことを選んでしまった。

失って、今更独りで泣く僕は、本当に意気地無しで、身勝手だ。

からかわれていたって、君が本気じゃなくても、よかったのに。
君からの「好きだよ」が、僕は本当は嬉しかったのに。


日が暮れてから、とぼとぼ家に帰った。
夕食も残して、ベッドに突っ伏していると、また涙が伝い落ちて、シーツに染みを作る。

「スパナ…好きだよ」

ぽつんと呟いてみたら、本当にそうだったんだって、ぽろぽろ涙がこぼれた。

(好きだよ、正一)

何度も何度も、伝え続けてくれた君は、一体どんな気持ちでいたんだろう?
どんな気持ちで、諦めるよって僕に告げたんだろう?


まだ、間に合う?
……ううん、間に合わなくても、僕は君に伝えたいんだ。


携帯電話を取り出して、足りない勇気にただ画面を何分も見つめて、やっと僕は、スパナに電話をかけた。



『正一?』
「…うん。」
『どうした?』
「…………」

伝えなきゃ。
そう思うのに、僕は小さい子どもみたいにしゃくりあげて、なかなか言葉にならなかった。

『泣いてるのか?何があった?』





「…す、き」



やっと言えたのに、小さな声。
電話の向こうで、君は黙ったままだから、聞こえなかったんだろうか。


「僕は…、スパナが、好きなんだ」


「信じて…」


僕は君を信じてあげなかったのに。
今更遅いよって言われても、もう好きじゃないって言われても、せめて信じて欲しくて。



『…うん。信じるよ、正一』

電話の向こうから、優しい声が聞こえた。

『ウチ、すごく幸せだ。ウチも正一のこと、好きなまんまだよ』
「うん…。僕も…しあわせ、だよ」
『でもウチ、痛恨だ』
「え…?」
『傍にいたら、泣いてる正一抱き締めてやれるのに、出来ない』
「…………」

僕は、嬉しくて、やっと笑顔になれて、指で涙を拭った。
「大丈夫だよ。もう泣いてないから」
『泣いてなくても、抱き締めたい』

僕は、携帯電話を握りしめながら、真っ赤になった。

「うん…。いいよ…」


きっと明日、誰もいない教室で、君は僕を抱き締めてくれるんだ。









〜Fin.〜

 

[ 24/102 ]

[*prev] [next#]
[図書室63]
[しおりを挟む]


話題のイラストメタバース
バチャスペ
- ナノ -