01

  
 


ここは、孤児院。

あたしは、5歳のときにここに来たらしいけど、全然覚えていない。
はじめ、あたしはお父さんとお母さんとお兄ちゃんと4人家族だったらしいんだけど、そのことも覚えていない。

保育士さんのおしゃべりを偶然きいちゃったんだけど、ブルーベルは事故で、“家族”をいっぺんに失ってしまったショックで、記憶がとんじゃった、らしい。

事故でブルーベルだけ助かって、目が覚めたときには、覚えてたらしいんだけど。

(ママは、どこ?)
(パパは、どこ?)

(おにいちゃんは…?)

そうきいたらしいんだけど、「もういないのよ」って、遠回しに言われて、「そう」ってぼんやり答えた後、ブルーベルは、二度と“家族”のことを、きくことはなかったんだって。


……覚えてないわ。そんなこと。

覚えてないんだから、はじめからブルーベルには“家族”なんていなかったのと同じだわ。ブルーベルはひとりなんだって、それが当たり前って生きるしかないじゃないの。

この孤児院は、成人するまでいていい。
逆に言えば、成人して、おとなになっちゃえば、追い出されるのよ。

それは、この国では18歳の時。ブルーベルは、そのときまでに“独立”する方法を、みつけなきゃね。ブルーベルは今10歳だから、あと8年。
この国は、失業率が高くて、特に不幸じゃなくたって、なかなか実家から出られなくって、ママにベッタリで同居してるやつだっていっぱいいるのに。

でも、ブルーベルはまけないわ。
足が動けなくたって、車椅子だって、まけないんだから。

ひとりだって、平気よ。だって、ブルーベルは5歳のときから、ずっとそうだったんだから。

そりゃあ、雨風しのぐ屋根はあるし、食事ももらえるわ。
でも、そういう問題じゃないの。

ブルーベルを、愛してくれる、支えてくれる“家族”はいない。
保育士さんがいて、ここにいるみんなで“家族”よ、って言うんだけど、そんなのうそよ。
本当に“家族”なら、18歳で放り出したりしないわ。

“家族”ならブルーベルのこと、陰でワガママ、気紛れ、って悪口いわないでしょ。もし、なおすのがブルーベルに必要なことなら、正面から言って、叱ってくれるのが“家族”なんじゃないの?

知ってるのよ。ブルーベルだって。
ブルーベルは、性格悪いわ。

だって、こんな施設にいて、性格いい方が、うそくさいわ。

ブルーベルみたいに、親きょうだいと死別したなんて、マシな方よ。
親に捨てられちゃったり、親がいてもロクデナシで面倒をみてくれなかったり、面倒みないどころか虐待してくれちゃったり、からだや心や、成長に障害があったり……ああ、ブルーベルは歩けないんだから、こっちにも入るわね。

ようするに、みんな“ひさん”よ。不幸よ。
これでも性格いい子は、強いんだわ。
みんな、不幸で、たくさんの人にかこまれてたって、ひとりぼっちで、歪んでしまうのよ。

あ、イヤなことに気が付いちゃったわ。性格悪いブルーベルは、弱いの?
ううん、今弱くたって、さいごにまけなければいいのよ。
ここを出て行くまでに、強くなればいいのよ。

……強くなれば、ブルーベルも“性格よく”なれるのかしら?

そうしたら…


(ブルーベルのこと、すきになってくれるひと、いるのかな…)







〜Family〜


 

[ 8/102 ]

[*prev] [next#]
[図書室63]
[しおりを挟む]


×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -