01

「先日、お客様に頂いた紅茶なんです。美味しいですよ」
「…にゅ。のんでみる」

真六弔花では、紅茶でもコーヒーでもマシマロココアでも、淹れてくれるのは全部桔梗だ。
だから、ユニが紅茶を淹れてくれるのを、ブルーベルは不思議な思いで見ていた。

「ユニは、ちいさいのに、おとなだわ」
「え…そうですか?」
「だって、こうちゃをじぶんでいれられるでしょ。それに」

何よりも…

「だれも、ユニをこどもあつかいしてないわ」
「そうでしょうか…。私なりに、自分は子どもだと思うのですけれども」
「ユニがじぶんでどうおもうかじゃないわ。みんな、ユニのことを“姫”ってだいじにするけど、それはこどもあつかいとはちがうのよ。ユニはたぶん、あのみらいとおなじこころをもってるもの」

ブルーベルは、幼いが故に、未来の記憶を得ても、その意味が分からずに曖昧な部分が多い。
でも、ユニは見かけは幼くとも、全部理解出来ている様子で、虹の代理戦争でも大人の輪に入って話をしていた。

「ユニがこどもだなんて、みかけだけよ。なかみはおとなだわ」

断言されて、ユニは困りながらもブルーベルに紅茶を差し出した。

「……ユニ。こうちゃにいれるさとうって、それだけ?」
「ええ…そうですが」

スプーン1杯。

「ユニは、やっぱりおとなよ!ブルーベルは、さとうもミルクも、どっぱりなのよ!!」
「あの…どうぞ。いっぱいありますから…」

ブルーベルは、遠慮無くどっぱりと入れて甘くした。

「ねえ、ユニ」
「はい」

紅茶が熱いので、ブルーベルは少し待ってから飲もうと思い、テーブルに頬杖を付いた。

「ユニは、どうして、みんなのためにしねるの?」
「え…?」

突然の問いに、ユニは一瞬何を言われたのか分からなかった。

「みらいのことよ。ブルーベルはしらないんだけど、びゃくらんがいっていたわ。ユニは、アルコバレーノをいきかえらせるために、じぶんはしんじゃったんだ、って。でもそれは、アルコバレーノだけのためじゃなくて<せかい>のためだったんだ、って」

ブルーベルは、そこまで言って、んーと、考えた。

「せかいのため、なんてよくわかんないってブルーベルがいったら、びゃくらんは、わかりやすくいうと“みんなのため”だよ、っていってた。どうして?」

どうして、と改めて問われると、ユニは返答に窮した。

でも、ユニは未来の自分のことはよく覚えていた。
あのとき、死ぬのは、怖かった。しかし、自分を捧げることが、自分が唯一出来ることであり、自分の運命だと思っていた。
祖母のルーチェや母のアリアのことはよく知らないけれども、大空のアルコバレーノとは、そういう存在なのだと、理屈でなくそう思ったのだ。

「“たんめいののろい”だったから?ブルーベルには、わかんないわ。みじかいいのちだっていうのなら、そのいのちは、じぶんのためにつかうわ。だれかにあげたりなんか、しないわ」
「…………」
「ブルーベルだったら、入江とどっかににげちゃうもの」

ブルーベルは、頬杖を付くのは止めて、紅茶をふーふーして飲んだ。

「そのほうが、ブルーベルはしあわせだもの。さいごまで、入江といっしょにいたいもの。それに、じぶんがしぬまでは、すきなひとを独りにしないであげたいわ。ブルーベルは、入江にやくそくしたのよ。ぜったいに、入江をひとりになんかしてあげない、って」
「…………」
「ブルーベルは、なんのためにしぬか、なんてかんがえたこともなかったわ。ブルーベルがしあわせだってわらっていきていくのなら、きっと入江は、それだけでしあわせだよってわらってくれるもの。入江がしあわせにいきてくれるのなら、ブルーベルもしあわせなきもちになれるもの」
「…………」

ユニの紅茶だけが、口を付けられないまま冷めてゆくことに、ふたりとも気付いていなかった。

「ひとは、しぬわ。でも、ブルーベルはしにかたよりも、さいごまでいきることをかんがえるわ。だから、入江がブルーベルのためにしぬだなんて、イヤよ。それでブルーベルがいきのこったって、しあわせじゃないわ。入江にもらったいのちだなんて、おもえないわ。ブルーベルはなくだけよ。きっと、ないてないてないて、入江をおいかけるのが、いのちのさいごのしあわせよ。ブルーベルだって、そのくらいかなしくなるんだから、入江をおいてしなないわ。いきて、いきて、いきぬいてやるのよ。入江をひとりにさせないように、ブルーベルはいきるわ」
「…………」

それなのに、ユニは、どうしてγをおいて死のうとしたの?
おいていかれるγのきもちは、かんがえなかったの?

ユニは、そんなに「みんな」がすきなの?
「みんな」のためにいきたいの?
「みんな」のためにしにたいの?

ブルーベルは、ユニがわかんないわ。


次々に、単に不思議そうにブルーベルの言葉は紡がれた。

でも、ブルーベルは、γならわかるわ。

γは、しのうとするユニのところにきてくれたんでしょ?
それはね、ユニと「いっしょにしにたかったから」じゃないのよ。
さいごまで、どんなにみじかくたって「ユニといっしょにいきたかったから」なのよ。

そのくらい、γにはユニがとくべつだったのよ。


[ 13/100 ]

[*prev] [next#]
[図書室62]
[しおりを挟む]


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -