01

  
  
 


暗闇の中で、迷っていた。

怖くて、どこに行けばいいのか分からずにいたら、綺麗なひとが声をかけてくれた。


(一緒にいた人は、だあれ?)
(えっと…)


小さいブルーベルは、いちどは照れてしまって、ともだち…だなんてごまかそうと思った。
でも、小さくても、そのひとに笑われてしまっても、嘘をつくのは胸が痛かったのよ。
笑われるかも知れないって思ったけど、本当のことを言ったの。


(ブルーベルの…こいびと)
(…そう)


そのひとは、大笑いなんかしなかった。優しく微笑んでくれた。


(ブルーベル…というのね。可愛らしいお名前。貴女には、恋人がいるのね)

(うん…)

(今頃、貴女を心配して捜しているのかしら)


入江なら、そうしてくれると思ったわ。
ブルーベルが、どんな暗闇にいても、入江なら必ず辿り付いてくれる…って。


(きっと、さがしてくれてる…)

(そう…羨ましいわ)


ブルーベルは、不思議だった。
このひとの恋人は、そうじゃないのかしら…?

一緒に歩きながら、そのひとは尋ねた。


(彼は、どんなひと?)

……ブルーベルは、何て答えたかしら…?

(貴女は、彼のどんなところが好き?)
(にゅ!)

ちょっきゅう!!
ブルーベル、慌てちゃって、でも、一所懸命言葉を探したわ。


(…や、やさしい…の)

(優しいひとなら、いくらでもいるわ。…どうして、貴女は彼がいいの?)


ブルーベルは、困っちゃった。
だって、このひとの言う通りだわ。
ブルーベルは、どうして、入江がいいのかしら…?


(……ブルーベルの、おうじさま、だから…)


そうなれるように、努力するよ、…なんて。
入江は、何にも分かってないって思ったわ。

そのまんまで、いいのに。

(ブルーベルは、入江の、おひめさまなの…)

(そう…)

綺麗なひとは、綺麗に笑った。

(羨ましいわ)

そう言って、消えてしまった。
ブルーベルは、また暗闇の中にひとりぼっち。


(やだ…!たすけて、たすけて…っ!)

ブルーベルは、泣きながら叫んだ。


(入江、たすけて、入江…っ!!)





(僕は、此処にいるよ)

優しい、声がした。

入江は、ブルーベルに話しかける声も、優しいのよ。



(おいで)

そこはもう、暗闇じゃなかった。
森の向こう。

ブルーベルも夢中で走ったけど、入江のほうからも近付いてきてくれた。

ああ。ちょっとムカツクわ。
ブルーベルは走ってるのに、入江が歩いてるのが、いかにも大人の余裕!って感じで。

でも、手を差し伸べてくれたのは、入江の方が先で、だから許してあげるって、思ったの。


(おいで。僕の、ブルーベル)




 
 
 

[ 21/100 ]

[*prev] [next#]
[図書室61]
[しおりを挟む]


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -