02

「びゃくらん」
「ん?」

ブルーベルは、そっと白蘭の大きな手を握った。
正一より、ひとまわり大きいのだと思った。でも、あたたかくて、ブルーベルの手と比べればずっと大きいのは、同じ。
同じなのに、ブルーベルが白蘭の手に触れれば、頬の赤みは引いていく。

「どうしたんだい?」
「…どきどき、しない」

ブルーベルは、自分でも不思議で、白蘭を見上げた。
「ブルーベル、びゃくらんのこと、だいすきよ。てをつなぐのも、うれしくって、たのしくって、すきよ。でも、どきどきするのとは、ちがうきがするの」

白蘭は、少し驚いた顔をした。そして、くすりと笑った。
「僕は、ブルーベルのお兄ちゃんみたいな家族だからね。手を繋ぐのは仲良しの証拠で、安心するよね」
「…うん」

だいすきだから、安心する。いつまでも、一緒にいたくなる、そんなきもち。

「ブルーベルは、正チャンならドキドキするのかな?」
「にゅ!」

ブルーベルは、ボンと真っ赤になった。
「べ…べつにっ!ブルーベルは、入江よりもずっと、びゃくらんのほうが、すきなんだから!」

一気に叫んで、ブルーベルは泣きたくなった。
いちばんすきなのは、びゃくらんよ。そんなのきまってるのに、どうして…?

白蘭は、にこりと笑った。
「好きな人は、たくさんいたっていいんだよ。ドキドキするひともしないひとも」
「……そうなの?」
「そうだよ。だからまた、正チャンに会えるといいね」

(君と、おなじなまえの花を、見に行こうか)

それは、いつ?
ブルーベルとおなじなまえのはなって、どんなおはななの?

いつ、入江はブルーベルにあいにきてくれるの…?

コツコツ、と音がして、ブルーベルはそちらを見た。小鳥が、窓枠をつついている。
ブルーベルは、はっとした。

「木の実をくれた、ことりさん…?」

ブルーベルが窓を開けると、小鳥はチチッと鳴いてブルーベルの手に止まり、そして再び飛び去っていった。…森の方へ。

ブルーベルは、部屋を飛び出すと、小鳥が飛んでいった方向へと走った。

「入江…っ!」

木漏れ日が揺れる森の中で。
緑の瞳の少年が笑っていた。

「また会えたね、ブルーベル」

正一の手が差し出されて、ブルーベルはその手を取った。

とくん、と心臓が跳ねた。

とくん、とくん、とくん。

ほっぺたも、熱くて。

(どきどき、する…)

「どうかしたかい?」
「な、なんでもないもんっ!」
「…そう」

柔らかく笑って、それ以上何も訊かないから。
正一はおとななのだと、ブルーベルは跳ねる心臓を感じながら正一を見上げた。

「行こうか」
「…どこ?」
「約束しただろう?君と同じ名前の花を見に行こうって」

ブルーベルは、正一に手を引かれて歩き出した。
……いつまでも、付いていきたくなる、ふしぎな、きもち。
繋いだ手は、あたたかくて、安心するのに。

入江ととこうするのは、どうしてかわからないけど、ほっぺたがあつくなって…


…どきどき、するの。






〜Fin.〜
 

[ 72/100 ]

[*prev] [next#]
[図書室61]
[しおりを挟む]


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -