01

  
 

 
(危ないですから、子どもは隠れていなさい)

桔梗はそう言って、ブルーベルとデイジーの頭をぽんぽんってしたけど。

「あぶない」のなら、どうしてびゃくらんはブルーベルをここに連れてきたの?

ブルーベルは、ちっちゃくても修羅開匣…多分、まだしたことないけど、できるのに。

ここにいるのに、こどもで、ちっちゃいからっていう理由でかくれているだけなら、ブルーベルがここに来た意味なんかなんにもないのよ。

それに、デイジーはこどもでも役に立ったわ。
びゃくらんが、おおけがしたときに、デイジーは晴の炎でちりょうしたんだから。

もしγがとびだしていたら、すぷらったな感じに死んでいたのを、びゃくらんだからどうにか死なないでもちこたえたのよ。
救急車じゃまにあわないから、デイジーがびゃくらんのいのちをつないだのよ。

ブルーベルは、ホッとしすぎて、泣いちゃって、……くやしかった。

だって、ブルーベルは、「やくたたず」だったのよ。
桔梗はそんなことないっていったけど、こういうとき大人はうそつきだわ。

何もできなかったことくらい、ブルーベルがじぶんでいちばんよくしってるのに。
だから、びゃくらんが元気になっても、ブルーベルは、いっぱいいっぱい、かなしいまんまなのよ。

ブルーベルは、ひどいわ。
わるい子だわ。

びゃくらんが元気になったのに、じぶんがかつやくできいないからって、かなしくなっただなんて、「じぶんかって」や「わがまま」をとおりこして、「ひどい」っていうしかないのよ。



……いらない。


やくにたたなくって、ひどいブルーベルなんか、いらない。








〜小鳥〜
 
 
 

[ 75/100 ]

[*prev] [next#]
[図書室60]
[しおりを挟む]


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -