01

小さな丘がいくつも連なる、広い広い野原。

青い空には、ゆっくり流れるひつじ雲。

「入江ーっ!」

ブルーベルは呼んだ。
「にゅーっ!どこいっちゃったのよーーーっ!!」

(僕の名前を呼んでくれればいいよ)
(そうしたら、僕は君を助けに行くから。必ず、君を守りに行くから)

幼い日の、約束。
ブルーベルは思い出してふくれた。

「にゅ〜…あれって、やっぱり、ブルーベルがピンチの時限定?」

今までも、森の中で、大きな声で、名前を呼んでみたことがあるのだ。
でも、正一は現れることも現れないことも、どちらもあった。

でも、今思えば、来てくれたときは、ブルーベルがいつのまにか森の奥深くに入り込んでしまったり、気付かないうちに天気が悪くなる直前であったりして、やはりそれは「守ってくれるため」であったのだろう。

「つまんない…」

ブルーベルは、呟いた。

「本当は、いつ、どこにブルーベルがいるのか、知ってるんでしょ?…なのに、どうして来てくれないの?」

ブルーベルは、丘を登りながら独りごちた。
「ブルーベルは、絶対遠距離恋愛とか、単身赴任とか、無理だわ!!」

だって。ブルーベルは我が侭だもの。
でも、直す気なんかないもの。

無駄なことはしないわ。
我が侭を直そうとして必死になるブルーベルなんか、ブルーベルじゃないのよ。

……それに、さびしがりだもの。

これも、直さないわ。

ううん…直せないわ。


名前を呼んでも、もう入江は助けにきてくれない、そんなことになったら、ブルーベルは泣くのよ。

だって、もっともっと、簡単な事でも泣いてしまうもの。
ちょっとデートの間隔が開いたくらいで、ブルーベルは寂しくって泣いてしまうもの。



「…入江!」

ブルーベルは、驚いた。
丘を登り切ったら、下の方に正一が横たわっていたからだ。

倒れてる、の…?

「入江!やだよ、入江!!」

駆け寄って、両肩を持って揺さぶった。
でも、息はしているけど、なかなか目を開けてくれない。

「入江…、きゃあっ!!」

ブルーベルは、悲鳴を上げた。
手首を掴まれて、正一の体の上に倒れ込んで、そのまま抱き締められたからだ。

「つかまえた」

その声と、抱き締める胸と腕に、ブルーベルは真っ赤になった。

「な、何してるの〜っ!」
「だから、つかまえているんだよ」

穏やかな、笑いを含む声が言った。
「それとも、…抱き締めている、の方がいいかい?」
「〜〜〜〜〜っ」

ブルーベルは、正一の上でそのぬくもりを感じながら、でも恥ずかしくてじたばたしたけれども、思いの外正一の腕の力は強くて起きられない。

「入江のウソツキーーーっ!どの辺もやしなのよ、ばかーーーっ!!」
「もやしでも、男の方が女のひとよりも、力は強いんじゃない?」

…今、女の子、じゃなくて、女のひと、って言った。

「にゅーっ!入江のくせに、ころしもんくーーー!!!」
「…?何の事だい?」

ブルーベルは、自分勝手。
入江が腕を解いてくれた時に、少し寂しいと思っただなんて。

「入江、何していたの?」
「ただ、転がっていただけだよ。気持ちいいなあと思って」

正一は、上体を起こして言った。
「小さいこどもの頃以来かな。何もしないで、転がっているだけ。それでも空が広くて、雲が流れていって、土や草のにおいがして、……何だかね、楽しかったんだよ」
「それで、寝ちゃったの?」
「空って、結構眩しいだろう?それで目を閉じて、うとうとして……そうしたら、君が僕の名前を呼んだような気がしたんだよ」
「にゅーっ!気がした、じゃなぁいっ!!」


[ 37/100 ]

[*prev] [next#]
[図書室60]
[しおりを挟む]


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -