02

「……入江の、ちっちゃいころのこと、しりたいわ」
「どうしたんだい?急に」
「びゃくらん…きょうもしろいわ」

まいにちまいにち、もふもふマシマロたべて、あきないのかしら?

「飽きないよ。ちなみに、正チャンの故郷の大福もお饅頭も羊羹も大好きだよ♪」
「どーして、ブルーベルがかんがえてること、わかるのよーーーっ!!あと、どうしてあまいものばっかりたべてるのに、ふとんないのよ!!」
「あ、美形は太んないの」
「なにその、へんなほうそくっ!」

でも、もんだいは、そこじゃないのよ。

「入江ばっかり、ちっちゃいブルーベルをしってるんだもの。ブルーベルはちっちゃい入江をしらないわ!これって、なんだかズルイとおもうの!!」

入江は、ブルーベルとあったときに中学生だったらしくって、「僕も子どもだよ」っていったけど。いまもそういうけど。

中学生も高校生も、おとなだわ。

「つまり、ちっちゃい正チャンと会いたいんだね」
「うん…」

ブルーベルは、思い出した。白木蓮の花の下で出会った男の子。
小さいのに、大人みたいだった。
それは、白木蓮の夢に合わせて、小さいのは見かけだけで、中身は大人だったから…?

でも、このことは、ふたりだけの、ひみつ…


「じゃ、呼んでみたら?」
「にゅ?」

白蘭は、どこからか取り出した大福をご機嫌に食べながら言った。

「ちいさい正チャンを、呼んでみたら?出て来てくれたらオッケー。来てくれなかったら、ごめんね、ってこと」
「……びゃくらん。だいふくにマシマロココアはあわないとおもうわ……」

でも、結局ブルーベルは、白蘭の案に乗ってみることにした。
森に入って、いつもと違う風に呼びかけた。

「ちっちゃい入江ーーーっ!」

これでいいのかなあと思いながら、ブルーベルは呼んだ。

「ちっちゃい入江!ブルーベルにあいたいのなら、でてきてよ!!」

しーん…とする森。
時々、小鳥が鳴く声が聞こえる。

「やっぱりダメかな。…にゅ!?」



ブルーベルは、ぽてん、とどこかの建物の廊下らしき場所に座り込んでいた。

「びょういん…?」

というのは、慌ただしく看護師さんが通り過ぎるからだ。
しかし、ブルーベルはどくんどくんと心臓が重苦しく鳴った。

「ひょっとして…コレって、ホラーなかんじ…?」

というのは、女の人らしき呻き声が聞こえたからだ。
「にゅにゅにゅにゅーーーっ!!!たすけて入江ーーー!!!」

ブルーベルは、叫んではっとした。

(入江…たすけに、きてくれない……)

名前を呼んだら、いつだって助けに来てくれると、そう約束してくれたのに。

「うわあああん!!入江のうそつ」

……き?と、そこでブルーベルの叫びは止まった。

「分娩室…」

ブルーベルは呟いた。
そして、アレ?と思った。
「ブルーベル…漢字読めちゃったわ…」

読めるばかりか、意味まで分かるのだ。

そして、「ほえぇぇぇ…」と、弱々しい声が聞こえた。
ブルーベルは、分娩室のドアを開けようとして、

「……すりぬけちゃった?」

赤ちゃんをとりあげたらしい助産師さんが、「おかあさん」に笑いかける。

「元気な男の子ですよ」

ブルーベルは安心した。泣き声が「ほえぇぇぇ」だったものだから、元気のない子だと思ってしまったのだ。

よくわかんないけど、「おぎゃー!」じゃない子もいて、きっとみんな違うのね。
それに、産まれたばっかりの赤ちゃんのこと、サルとか半魚人とかいうやつ、滅べばいいわ。

だってだって、すごくちっちゃくって、一所懸命じたばたしてて、すごく可愛い!
…って、アレ?ひょっとして…


この赤ちゃんが入江!?


おふろに入れてもらって、ザ・ジャパニーズ・KIMONOみたいな服を着せて貰って、赤ちゃんサイズの…透明のベッドに寝かせて貰って。

「入江 とも子」ってカードが入ってる。
誰コレ?

……あ、そっか。
まだ入江のファーストネームが決まってないから、お母さんの名前のカードなのね。


[ 55/100 ]

[*prev] [next#]
[図書室60]
[しおりを挟む]


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -