01

「ごめんね」
「え…っと、どうかしたの」
「にゅ」

綱吉が困惑していると、河原の斜面でブルーベルがとなりにぽすんと座った。

「このあいだね、沢田にいっぱいしつもんしたら、入江がだめだよっておしえてくれたから。ブルーベルは、だめな子になるのはだめだから、ごめんなさいなの」

そうか…あのときのことか、と綱吉は少し困って笑った。
「あのことは…もういいよ。オレは大丈夫だから」
「…………」

ブルーベルが、じーっと見るので、綱吉はもっと困った。
「オレ、何かしたかな…」
「そのおかおは、だいじょうぶじゃないとおもうの」
「…………」
「でも、おとなは、だいじょうぶじゃなくても、だいじょうぶっていうの。沢田もおとななんだね」

もっと、困った。
「あの…オレ、大人じゃないよ?まだ高校生だし…」
「にゅっ!こうこうせいは、おとな!なのっ!!」

小さな指をビシッ!と突き付けられて、綱吉は更に困った。

でも、幼いブルーベルから見れば、そうなのかもしれない。
それに、ブルーベルの基準が正一なら、正一は未来では天才科学者で、今でも天才で並の大人では全く歯が立たないレベルなので、尚更そうなのだろう。

「でも…オレは、入江君と違って色々ダメだよ?」
「にゅ。しってる。ダメツナ」
「…………………………………」

知ってるのか……(遠い目)

でもねえ、とブルーベルは続けた。
「ぜんぶがダメだったら、入江は沢田をたいせつなおともだちにしないのよ。だから、沢田にはきっと、すてきなところがあるの」
「そ…そうかな。そうだといいな」
「うん。そうだよ」

綱吉が頭を掻いて照れ笑いをすると、ブルーベルは、にこりと可愛らしく笑った。

「もう、ひとごろししないこといがいにも、沢田にはすてきなところがあるんだよ」
「…………」
「ブルーベルもねえ、もうころさないのよ。入江がかなしいおかおをするから。そうじゃなかったら、またころしちゃうかもしれないけど、入江に苦しそうなおかおをしてほしくないから、ころすのはやめたのよ」

無邪気な笑顔とことばに、綱吉はゾクリとした。
この幼い少女は、本当は人間を殺すことには何の抵抗も無いのだ。悪意なく、笑って殺せるのだ。

唯一のストッパーが正一だ。正一が悲しい顔をする、そのことだけが、この少女の狂気を止められる。

「…ブルーベルは…」

綱吉は、手のひらにぬるりとした汗を感じながら、言った。

「……ブルーベルは、本当に…正一君のことが、好きなんだね…」

沈黙が、流れた。
綱吉が、おそるおそる隣を見ると、ブルーベルが真っ赤になっているところだった。

「それって…ちょうちょっかん?」
「え…」

綱吉は、目を瞬いた。
「超直感じゃなくても、見てればわかるんだけど」
「にゅにゅーーーっ!何でっ?」

何でも何も…と綱吉は返事を探した。

「さっきから、ずっと正一君の話をしてるから」
「わ、わるいっ?」
「悪くないよ、全然。ブルーベルは、とっても正一君のことを、大切に思ってるんだなあって」
「にゅ…」

ブルーベルは、膝を抱えた。
緩やかな風に、少女の幻想的な青い髪が揺れる。

「……あのね」
「何?」

ブルーベルが、一大決心です!という顔で言った。
「これって、ブルーベルと入江と、あとはびゃくらんと真6弔花だけの、とっておきのひみつだけど、沢田は入江と仲良しだから、おしえてあげるんだからね!」
「え?…うん、ありがとう…」

綱吉は、どうやらブルーベルが綱吉を信用して言いたい事らしいので、そのまま聞くことにした。

「ブルーベルの、“ゆいいつ”の“とくべつ”は入江にあげたの。入江の“ゆいいつ”の“とくべつ”も、ブルーベルがもらったの」

…唯一の、特別。

小さい子なのに、難しいことをいうんだな…と思いながら、綱吉は何気なく応えた。

「何だか、恋人同士みたいだね」
「にゅーーーっ!」

ブルーベルが叫んだ。
「みたい、じゃなくて、こいびと!なのっ!入江がそう言ってくれたんだから、そうなのっ!!」
「…………」

綱吉は、随分年の差があるような…というか、ブルーベルはほんの子どものような……正一君が、ブルーベルをとても可愛がっているのかな?と常識的な感想を抱いた。

「…ってアレ?別にいいのかな。多分、ブルーベルはユニと同じくらいで…γとユニより差がないような気がするし…」
「なにをひとりで、ぶつぶついってるのよぅっ!」
「えっと、ごめん。仲良しなんだね」
「にゅにゅーーーっ!沢田しんじてないでしょ!ただのなかよしじゃないもんっ!ブルーベルはこどもだけど、入江はちゃんとブルーベルをひとりだけのおひめさまにしてくれたもんっ!!ホントなんだからーーーっ!!」
「し、信じるよ!ブルーベルは、嘘をつくような子じゃないから」

慌てて言って、ふと綱吉は気付いた。

……血のにおいが、しない。

ブルーベルが綱吉に打ち明けたのは、ちょっとおませだけれども、ごく普通の女の子の、一所懸命で微笑ましい初恋。
今、綱吉の隣にいるのは、いつか本当にお姫様のようなドレスを着て、正一に手を引かれて花嫁さんになる日を夢見ている、ひとりの可愛らしい女の子…なのだ。

「ブルーベルは、正一君のどんなところが好きなの?」
「にゅ!!」

綱吉は何となく言ってみたのだが、想像以上にブルーベルは衝撃を受けて、そして想像以上に真面目に、う〜んと考え込んだ。


[ 18/101 ]

[*prev] [next#]
[図書室59]
[しおりを挟む]


×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -