02

桔梗に買って貰った水着は、以下。

1.ブルーのチェックのワンピース。スカートはAライン。

2.ホワイトの胸の下までのハーフトップ。要するにへそ出し。ショーツはビキニタイプなのだが、パレオが付いていて、恥ずかしければ、ひらっとスカート風にする事も出来る。

3.ズバリ、ピンクのビキニ。でも、ショーツはいかにもビキニです!!というのではなく、可愛らしいチュチュ風味。


ブルーベルとしては、日頃の自分のイメージでは、1>2>3、だと思う。
特に、1ならあまり恥ずかしがらずに着られそうだ。

「逆に、露出の程度で言うと、1<2<3なのですね」
「うわあああん!!ユニ、せいじゅんなおかおで、ズバリなこといわないぃぃぃ!!」

ブルーベルは真っ赤になって頭を抱えた。
「やっぱり、ユニはよゆう!だわ!へそだしになれてるくらい、よゆうだわ!!」
「余裕というか、γはあまり、そういうことにこだわりがなさそうな気がしますし…」

ユニは、困ったように笑った。
「未来なら、少しは意識してもらえたのかもしれませんけど…今の私は、子どもですから……」
「…………」

ブルーベルも、黙ってしまった。
何かというと、自分も「こどもあつかい!」と叫んで抗議をするけれども、実際に自分はこどもなのだ。
ドキドキしてもらうなんて、無理…きっと。

「でも…」と、ブルーベルはぽつんと呟いた。
「γは、びゃくらんにヤキモチやくくらい、ユニに“べたぼれ”っていうやつなんだわ。マントしてなくても、ロングブーツはいたじょおうさましてなくても、γはユニのなまあしに萌えてくれるのよ…。だきつけば、きっとはなぢをながして、かんどうしてくれるわ……」
「萌える、は漢字で書けるのですね…」

ブルーベルは、しょぼんと言った。
「入江は、ブルーベルがどれをきてても、“とてもかわいいね。きみににあっているよ”あたりの、よゆうのおとなのえがおですますのよ……はなぢださないわ……」
「鼻血を出させたいのですか?」

ん〜、とユニは考えた。

「ブルーベル。少しでもその可能性に賭けて、一番露出しているチュチュのビキニで、かわゆくえいっと入江さんに抱き付けばいいと思います」
「うわあああん!!ユニ、ぜったいみかけをうらぎってる!!せいじゅんじゃないーーー!γはなぢでけっていーーー!!!」

でも。自分で決められないなら、誰かの意見を取り入れるしかない。

「わかったわ…!ブルーベル、しぬきでビキニよ!!!」
「そこで、入江さんに、かわゆくえいっと抱き付いて下さい」
「にゅーーーっ!それはムリーーー!!!」



……そして。

いざ、海水浴当日。

「し…!しぬきできたのに、ブルーベルはじょうぶつできないきがするわ…!!」
「成仏してしまったら、入江さんに会えませんよ?」

……それはイヤ。

水着がピンクなので、せめてビーチサンダルは、青いお花の飾りが付いたものにしてみた。
サンダルまではピンクで統一出来なかった乙女心。

ブルーベルは、正一をドキドキさせるなんて、こどもにはできないことは、諦める事にした。
だって、これから正一に逢うということだけで、自分の胸がドキドキ。それだけで、精一杯。

「会う、じゃなくて、逢う、なのですね」
「ユニは、こどもなのに、かんじができすぎるとおもうのよ!?」

女性用脱衣所から、ブルーベルとユニは、ビーチサンダルで砂をさくさくと踏みながら歩いた。
そして、男性陣の居場所はすぐ分かった。

「びゃくらんと桔梗って、なんであんなにめだつの…いっぱつでわかるわ…」
「目立つために生きているようなひとだからではないでしょうか?」

振り向いて、白蘭がひらりと手を振る。
「やあ!ふたりともとってもキュートだね♪」
「……と、ユニ様だけに言って差し上げればいいのでは?γ」←桔
「オレは、言わなくても思ってるからいーんだよ!!」←γ・純

正一も振り返ったので、ブルーベルはどきんとした。
そして、正一はいつもとは違って、すぐにはコメントせずにブルーベルを見た。

「な…ななな、なに?入江」

正一は、やっと思い出して言った。
「…バレリーナみたいな感じだね」
「あ、正チャンそれで当たり♪だよ。ひらひらのチュチュがかわいーでしょ?」

正一は、にこりと笑った。
「とても可愛いね。君に似合っているよ。サンダルは、青い花にしたんだね」

ブルーベルは、かーっと真っ赤になった。
「目の付け所が成長しましたね、入江正一。バレリーナに例えた上に、サンダルまで見逃さないとは」
「桔梗…。君も、いちいち恥ずかしい感じに言わないでくれないかな…」

…アレ?入江。ちょっとドキドキしてくれた、のかな…?

「にゅ…。これなら、しぬきで、えいっとしなくてもいいかもしれない…」
「…?ブルーベル、何か言ったかい?」
「な、ななな、なんでもなぁいっ!!」

本格的に、海水浴開始。


[ 98/101 ]

[*prev] [next#]
[図書室59]
[しおりを挟む]


×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -