01

「つまんない。ホントすぐにおわっちゃうんだね」

花冷えが少し続いたけれども、その後は一転してあたたかな陽気の花見日和。
なのに、もう花びらはかなり散ってしまっている。

「終わってないし、つまらなくないよ」
正一は、ブルーベルの手を引いて歩きながら、クスリと笑った。

「日本人にとってね、桜は咲いて良し、散って良しなんだよ」
「にゅ。なにそれ?」
「言った通りだよ。咲いていても美しい、散ってゆくのも美しい」
「わかんないんだけど」
「あはは、大陸の人は、そう思うことが多いみたいだね」

散る花は、終わった花。
終わった花は、美しさも終わる。

「日本人は、そうは思わないんだよ。…本気で、綺麗だと思ってる。こうやって、春の名残のように、薄紅色の雪みたいに、たくさんの花びらが舞うのは」

言われてみれば、正一が言うように、ふわりふわりと舞い落ちる花びらは、薄紅色の雪のよう。
でも、ブルーベルの目には、やはりそれは、桜という花の残骸のようにしか見えないのだ。

今、ふたりが歩いているのは大きな堀の畔で、緩やかにしか水が流れないそこには、大量の薄紅色の花びらが漂い浮いているのだ。

ブルーベルと正一以外にも、この桜並木を散策している人々は多く、見上げてみたりピンク色が漂う堀を覗き込んだり、写真を撮ったりしているのだから、確かに正一の言う通りなのだろう。

「やっぱり、わかんない。だって、かびんにかざったはなが、はなびらちっちゃったら、かなしいけどもうおわりなんだなあって、ブルーベルは思うよ」

バラの花びらが散ってしまったら?
いつかプレゼントしてもらった、チューリップの花びらが散ってしまったときも……

やはりそれは「おわり」で、かなしい残骸なのだ。

「それと、どこがちがうの」
「……どこだろうね」

いつものブルーベルなら、「こっちがきいてるの!」とでも言い返すのだけれども、正一の横顔は、雪のように舞い落ちる花びらは、確かに散ってゆく桜を綺麗だと見つめているのが、ブルーベルにも伝わってきた。

「日本人の、命そのもの…だからかな」
「…………」
「命には、限りがある。だから、蕾を見て咲くのを待つのもいいし、咲き誇ってゆくのも美しいし、限りがあるから、散ってゆくのも惜しみながら綺麗だと思う、…のかな」

ブルーベルには、やはり分からなかった。
限りがあるのは、かなしいことだ。

花が散るのは、悲しくて寂しい。
人の命ならば……きっと、もっと、もっと、比べものにならないくらい。

終わりなんて、来ない方がいい。
こうして、正一の隣で、そう思う。

(あたたかいのも、やさしいのも、おわってしまわないで)

風に舞い、ひらひらと堀に落ち、もう二度咲くことはない花びらが、その水面に大量にたゆたう様は、

(……死体、みたい)

ブルーベルは、言えなかった。
せっかく、正一が連れて来てくれたのに。
綺麗だからと、誘ってくれたのに。

「……確かに、限りがあるのは、悲しいことかも知れないね。でも、日本人は、1年の間に数日間しか満開はなくて、その後は一気に散り失せてゆく桜を、“潔い”と思ったんだよ。…いさぎよい、は君には少し難しい言葉かな。思い切りがよくて、ぐずぐずしないこと。心を残さないこと…だよ。日本人は、そういう態度や心を、美しいと昔から思って来たんだ」

正一が伸ばした手に、ふわりとひとひらの花びらが舞い落ちた。

「…万枝の櫻か襟の色」
「なに?それ」
「昔の、軍隊の歌だよ。もう、二度と繰り返してはならないけど、こんな歌があったんだ」

万枝の櫻か襟の色(たくさんの枝に櫻の花が咲いている。その色は櫻か歩兵の襟の色だ)

花は吉野に嵐吹く(花といえば吉野山の櫻で、嵐が来れば一斉に散っていく)

大和男児と生まれては(日本の男子として生まれてきたからには)

散兵線の花と散れ(敵陣と向き合っている塹壕−ざんごうの場所で、吉野の花の様に潔く戦死しよう)

「怖じ気づくな、命を惜しむな。桜の花のように潔く散れ。…って言う意味。守る者も守れずに、…或いは敵兵の捕虜になって“無様に”生き長らえることをするな」
「…ダメだよ!」

ブルーベルは、優しい正一が、何処か遠くに行ってしまうような気がして叫んだ。

「いきるのは、“ぶざま”なんかじゃないよ!しぬのは、かっこいいことなんかじゃないよ!!」
「……僕も、そう思うよ。だから、二度と繰り返してはならないって言ったんだ」

それでも…と、正一は続けた。

「日本人は、おかしいね。生きている間は、欧米人から曖昧な人種だと思われているのに。…ううん、だからかな。咲いて散ってゆく“変化”を、柔軟に受け止められる。終わりは、あっという間に散り失せることも知っている。……そうであることは“美しい”んだよ。…ほら」

急に、強い風が吹いた。

「きゃ…!」

乱舞する桜の花びらの中で、正一が、柔らかく笑った。

「……こういうのを、桜吹雪って、いうんだよ」

正一が、微笑む。
そして、繋がれていた手が、まぼろしのように解かれた。

いつの間にか、散りゆく桜を見に来ていたたくさんの人々は、いなくなっていた。
ふたりきり、だった。まるで、この世界には、正一とブルーベルだけが存在しているかのように。

「綺麗だろう?…デイジーなら、分かってくれるんじゃないかな。滅びゆくものは、美しいんだよ」

ブルーベルには、何故正一が笑うのか、分からなかった。
わからないのに、正一は、そう言ってブルーベルに背を向けた。

(いって、しまう)

いつも、森の中でいつの間にか姿を消してしまうように。


[ 14/97 ]

[*prev] [next#]
[図書室58]
[しおりを挟む]


×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -