〜Shoichi side.1〜

僕は、貴方の世話を焼くのが好きでした。

「ダメじゃないですか!白蘭サンっ!!」

って、本当は大人だった貴方を、どーしよーもないいたずらっ子扱いして。

貴方のことを、気紛れで、我が侭で、しっかり僕が見ていてあげなきゃダメな困ったひと、っていうことにして。

(アハハ、僕ねえ、正チャンが傍に居てくれなきゃ、本当ダメな男なの)

そうでしょう?…だなんて、僕は口に出しては言わなかったけれども、ちょっと得意な気持ちでいたんです。

(だから、ずっと僕の傍に居てくれるだろう?僕の正チャン)

(誰が、誰の正チャンですか。寝言は寝て言って下さい)

(あ〜あ。正チャンってば、今日もつれないなー。…でも、僕はネバー・ギブアップなんだよ♪)

大学始まって以来の天才、なんてご大層な噂を纏っていた僕だけれども、そんな僕でさえ一目置かざるを得なかった、本当の天才が貴方でした。

だって、僕は努力の塊だったけれども、僕は貴方が努力している姿を、ただのいちども見た事が無いんですから。

でも、とてつもなく聡明に過ぎるがゆえに、貴方は案外簡単な事に気付かないのだと、僕は少しだけほくそ笑んでいたんです。

(ギブアップも何も、僕なんて出会ったときから、貴方だけのものだったのに……白蘭サン)

何でもゲームにしてしまう、そんな貴方だから、僕は教えてあげません。

だって、もうとっくに僕が貴方のものだというのなら、この<ゲーム>は貴方の勝ちで、GAME OVER。貴方は、手に入れたモノに対する興味は、オモチャに飽きる子供のように、アッサリと失って放り出してしまう……やっぱり、困ったひと。

努力もしないで、何でも手に入ってしまう、だから一所懸命になって手を伸ばすことも、息を切らして追い着いて何かを手に入れることも、何も知らない、可哀想な天才。

何でも簡単だから、何でもつまらない、この世界の何も愛せなかった、可哀想な可哀想な、貴方。

僕ひとりくらい、さいごまで貴方の思い通りにならない何かが有った方が、貴方の世界は少しは綺麗でしょう?

本当に、困ったひと。

「僕はこの世界をぶっ壊して、gr8な新世界の神様になってやるんだよ」なんて、とんでもないことを思い付いて。

それを実行出来てしまうだけの、人智を超えた力をも貴方は持っていて。

でも、そんな不遜と傲慢を、この世の神様が許すはずも無く。

バベルの塔が神の怒りに触れて、その雷(いかずち)で崩れ去ったように。

貴方もまた、この世界を愛していた綱吉君のX BURNER によって、跡形も無く燃え尽きてしまったのでした。

困ったひと、困ったひと、困ったひと。

取り返しの付かない死を、遂げてしまって。

僕を、置き去りにして。



僕は、たったひとつの可能性に、賭けていたのに。

(正チャン、ゴメンね?)

(やっぱり僕は、君が傍に居てくれないとダメみたいなんだ)

(いっぱい叱ってもいいから、僕を許してくれる…?)

僕が何も言っていないうちから、叱られた子犬みたいな瞳をして、そう僕に貴方が告げてくれたなら。

貴方が、たったいちどだけの敗北を認めてくれたなら。

僕は貴方を抱き締めて、僕は一生貴方のものですと、種明かしをしてあげたのに。


(本当、仕方が無いですね、白蘭サンは)

(ほら…やっぱり、貴方の傍には、僕が居てあげなきゃダメでしょう?)


貴方の方から、僕を必要だと言ってくれたなら。

貴方はきっと「僕の負け、正チャンの勝ちだよ」なんて、またどこまでも困ったことを言うのでしょうけれども。

僕はそんな事はどうでも良くって、次はゲームじゃない貴方との新しい何かを、築いていける。

貴方と、ふたりで。

……なんて。

そんな願いを、本当は、泣きだしてしまいたいような想いで、この胸に抱いていたんです。

未来の僕は、貴方を失って、誰も居ない貴方の死に場所で独り、本当に大声で泣いて、大空に向かって貴方の名を呼ぶことしか出来ませんでした。

僕と貴方との間には、擦れ違う運命しか、なかったのだと。

運命と書いて、それは「さだめ」と読むほどに、僕は無力でどうしようもなかったのだと。


でも、それは<もう二度と実現しない未来の記憶>となりました。

僕が、どれほど嬉しかったか分かりますか?

だって、この時代には、この世界には、10年遡った貴方が、まだ生きていてくれるんですから。


……貴方に、会いたい。

でも、僕からは会いに行きません。

だって、僕からアクションを起こしただけで、もうそこで貴方の勝ちでゲームオーバー。そうでしょう?

迎えに来て……どうか、お願い。


生きている貴方に、もう一度会いたい。

たったひとつだけ。僕の願いを、叶えて下さい。


……白蘭、サン。

[ 22/102 ]

[*prev] [next#]
[図書室43]
[しおりを挟む]


×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -