01

初めて見た時、なんてちっぽけな女だと思った。

日本人にしては色素が薄いようで、ライトブラウンの髪と、同じ色の瞳と、白い肌。それだけが、何代か前に、確かにイタリア人の血が混じっている、その証のように。

でも、それだけだ。
あどけない顔立ちも、華奢な小柄な体も、……何だこの女は。小学生か。

ちっぽけで、幼稚な癖に。
敗北し、血を吐いて倒れ伏すザンザスを見つめるその瞳は、まるで聖母のようだった。

慈愛と、悲しみとが揺れる瞳。
十字架にかけられたイエス・キリストの下に立ち尽くしていたという、マリアのように。

イエス・キリストとかいう大工は、死後に復活する程度に神の子だったらしいが、聖母と呼ばれるマリアは、ただの人間の女だった。
そう言えば、夫・ヨセフとはまだ婚約者であり清い間柄であったはずの頃、処女受胎とやらで身篭もった時、マリアはまだ10代半ばの、ほんの少女だったのだという。

沢田綱吉もまた、14歳の、他愛ない、ちっぽけな子供のような女だった。
……否、本当に子供だったのだろう。

ザンザスは、そんな子供に敗北した自分が許せなかった。
子供のくせに、深い悲しみと共に、確かに慈愛の光を宿した瞳で、敗北した己を見つめていた、あの女が許せなかった。

いつか、殺してやる。
あの、慈愛の瞳が、絶望の瞳に変わる瞬間を見届けたなら。

……そう、自分でも本気で殺意を持ち続けていたのだと、思っていた。

過去形だ……と、ザンザスは、独り呟いた。
殺したいほどに、手に入れたかったのだ。
手に入れたいのに手に入らない、……だから己の手で殺したい、だなんて。

自分でも知らぬ間に、ずいぶんと狂った、しかし熱烈な……恋に落ちていたものだと、ザンザスは苦笑した。

そう、せいぜい、殺したい「ほどに」であったのだ。
手に入れたい。己だけのものにしたかった。それだけだ。

多分、誰に対してでも、何に対してでも、沢田綱吉という少女は、あの、慈しみ愛することしか知らない瞳を向けるのだろう。
……それが気に入らない、とザンザスは思った。

だから、ザンザスは綱吉を力ずくで犯し、監禁したのだ。

知らない。愛し方など。
愛された事も無いのに。

だからといって、自分が不幸だったなど、甘っちょろいことを言うつもりも無い。

たとえ、綱吉が自分を見つめるつぶらな瞳が、恐怖の感情しか浮かべなくなっても。
他人の手に渡るよりはずっといい。

愛さない。愛せない。
愛されない。愛される訳も無い。それでいい。

……だなどと、ずいぶんオレもグレたガキみたいな意地を張っていたものだ……と。
ザンザスは、つい3ヶ月前のことを、遠く思った。


「……愛している、綱吉。……だから、オレを置いて死ぬな」


お前を守る為なら、この命を賭けてやる。
だが、そう簡単に賭けてもやらねえ。

当面、死んでやるつもりなどない。
お前と、生きてやる。


だから、死ぬな。
生きて、オレの元に帰ってこい。

一生、離してやらねえ。

……だから、安心しろ、綱吉。
もう、泣くな。





〜A Little Mother〜


[ 54/99 ]

[*prev] [next#]
[図書室27]
[しおりを挟む]


×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -