08

 〜再びメンズ部屋〜

ベ「…ひっ、……ひゃっ、…ひゃっ、……腹筋、痛え……!!!」(←前髪の下から涙流して笑い死に中)

ロ「おい、恭弥の奴、すげえ情熱的な愛を叫んだぞ?……ってダメか、草壁気絶してるわ」

レ「ちょっと待て!剛毛だと、禿げるのか!?まじでか!!」

ロ「……まあ、そうだな。強くイ`」

レ「お前一見優しそうで、実は1番容赦ないだろオッサン!!!」

ロ「ハゲぐらいで泣くなよ。オレも、お前の半分くらいは生えてっから、お前の半分くらいはハゲになるんだろうさ」(←48歳、悟りの眼差しで煙草に火を付ける)

ベ「…ひゃっ、ひゃっ(まだ笑いが止まらない)……まあ、オレはセーフ。だって王子だもん♪禿げ散らかったりしたら、ティアラが似合わないじゃん?」

ス「まあ…ハゲに関してはオレもセーフだあ」

ベ「でもスクってさ、ヴァリアークウォリティィィィィ!!!…とか言って、毎日洗髪してるだろ。多分禿げるよ?」

ス「うお゛お゛ぉい…ヴァリアークウォリティのどこがいけねーんだあ」

ロ「洗いすぎっと禿げんのよ。女でも禿げるとまでは言わねえが薄くなるんだからよ」

ス「マジでかああああ!!!」

ロ「でもよ、お前のワイフも、お前がサラ髪じゃなくなっても、ハゲも含めて愛してくれんだろ?」

ス「当たり前だあああ!!!……と思う……

全(……真面目に哀愁漂うなよ!!!)

ベ「あー、そーいや、ボスは?」

ザ「………………………………」

全(…………なんで此処で黙るんだよ!濃いのか!?ハゲるのか??……それともヤバイのはボンゴレ]世の愛の方なのか!?)

 --------------

 〜再びフラン4丁目〜

フ「勇気がでました、雲雀さん!!愛が剛毛を超えた実例をとうとう発見ですっ」

雲「うん僕、愛と勇気だけが友達だから」

マ「友達少ないんだね。それなんてアンパンマン?」

D「そーいや、ツナのダンナも黄色人種じゃない黒髪だよな」

綱「うん…そう、かもね……」(ああとうとう、自分が突っ込まれる番が来てしまった……、絶対来るとは思ってたけど)

フ「さあ!我らがボス、ボンゴレ]世!!ダンナさんのヴァリアーボスの剛毛について大いに語って下さい!!!」

ル「まあステキ!ボスの剛毛だなんて」

綱「ちょっ…!!(真っ赤)大いにって言ってもね!……オレも、ザンザスしか見たことないし!!」

バ「すみません……。親方様は、ほとんどご実家を放置…じゃない、帰ることもままならない激務で、沢田殿は日本人の女の子らしく、パパンと一緒にお風呂に入ると言うことも、出来なかったと思います」

綱「え…?バジル君が謝る事じゃないよ。それは、オレの父さんが勝手にそういう道を選んだだけだし」

バ「でも、沢田殿よりも、むしろ拙者が、親方様に育てて頂いた様な形になってしまったので」

フ「……ということは!バジルさんは、門外顧問の沢田家光と、一緒にお風呂に入る仲だったと!!」

バ「ええ…まあ、それが日本式ですから」



*prev


[ 8/101 ]

[*prev] [next#]
[図書室13]
[しおりを挟む]


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -