緩やかにいま堕ちていく


 僕らは、途方もなく深く暗い沼の中で、互いを溺れさせながらもがいている。
「あなたは浩太じゃない。浩太じゃないのに……」
 すすり泣く声すら、僕以外の耳には届きさえしないのだ。


***


 昔、僕には兄がいた。
 僕とは正反対に明るく朗らかな人物であり、引っ込み思案な僕の面倒を見てくれた、優しい兄が。
 その兄は、屋上より墜落したことでその若い命を散らし、僕を含めた家族は深い悲しみに包まれた。
 実に淡々と滞りなく進んだ告別式はよく覚えている。
 兎角、大切な家族を喪った僕の心は、それ以来大きな空虚が幅を利かすようになったのである。
「浩太はすごくいい子だったのよ」
「死んだなんて何かの間違いなの……」
「浩太、浩太浩太浩太…」
 肩に寄りかかった黒髪の、馥郁たる香りが鼻腔に滑り込んだ。阿片でも吸い込んだように軽くくらくらする。
「どこにいるの、浩太」
「……兄さんはどこにいるんですか」
 彼女は答えず、左手を微かに震えさせた。
 そして僕の首に手を回し、抱きつく。
 僕もそっと彼女の背中に腕をかけて、黒髪を弄んだ。
 さらさらと流れるように手の中を滑りぬけていく、滑らかな髪。
(そういえば、兄さんもこんな風に綺麗な髪をしていた)
「あなたと浩太は全然似ていないのに……どうして」
「……兄とあなたも、全く似ていませんよ」
 けれど、どうして。
 僕はこんなにも落ち着いてしまうのか。

 彼女には昔、弟がいた。
 真面目で素直な彼は高校に入ってすぐいじめられるようになり、次第に精神を病んでいったという。
 愛しい弟の死に、気丈な彼女もだいぶ苦しんだらしい。
 一体どれほどまでに弟を想っていたのか、その思いの丈を僕は知る由もない。
 彼女は肉親の死という妄執に捕らわれ続けている。つまるところ、僕と少し似通っているのだ。 
(兄さんは、今の僕を見てどう思うのだろう)
(きっと彼女の弟も、兄さんと同じことを思っている)
(だけどこの人はそれを知ることはない)
 赤く腫れた双眸の、黒く淀んだ瞳の中に、僕がいる。
「……姉さん」
「やめて……」
 抱きついた姿勢のまま、首を横に振ったのが分かった。
「ちっとも似てないわ……」
 体に伝わる熱とは裏腹に、腕の中で縮こまる彼女の体は、ひどく小さく思える。
 思いつめるあまり余計な重さまで背負ってしまっているような、重量を感じる。
「……ずっと浩太とこうしていたかった」
 ああ、僕だって兄さんにこうされていたら、どれだけ安らいだことか。
「あなた、浩太には似ていないくせに、私とは似ているの」
「あなたこそ、兄には似ていないけれど、僕とそっくりです」
 神様は残酷だ。
 どうして彼女は兄に似ていなくて、どうして僕は彼女の弟に似ていないのだろうか。
 せめて僕が彼女の弟に似ていたら、彼女はもしかしたら笑えたかもしれないのに。
(あなたに涙は似合わない)
(どうか僕の為に笑って下さい)
(あなたの泣き顔を見ていると、ひどく胸が苦しむのです)

Cry in the dark

Top
×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -