01.天女の涙


いつまでも その笑顔が見れるから



だから このままでいいだなんて





生温い ものじゃない







まず浮かんだのは


美しい、でも
天女のような、でもなく


純粋な疑問


こんな感情は、知らない





その純白は 貴女の為のもの

まるでベールの様に幸福が包む

しあわせは 伝染するのね


・・・私は既に 他の何に伝染したの


金の髪が太陽にまで祝福された彼女の艶やかな頬を伝る一筋が

しあわせの象徴だとは
どうしても思えなかった






うん・・・フローラさん視点です

← | 


「ハッピーエンド」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -