samurai7 | ナノ
05
32 / 177

一方その頃、キララとカツシロウは
飛脚屋にカンナ村への手紙を預けていた。


「では、よろしく頼む」


早亀と呼ばれる生物の甲羅に乗った少女に、カツシロウが丁寧にお辞儀をする。


「お預かりします」


少女はそう言うと、はいー!という掛け声とともに去っていった。
見送ったふたりは、サムライ探しを再開する。
いつも通り、サムライと思わしき人物に話しかけてみるが、
話を最後まで聞かず、軽くあしらわれてしまった。
それが三人目になり、話を断られた時……


「!?」


カツシロウが突然振り返る。


「カツシロウ様?」
「いや……誰かに見られているような気がしてな」


カツシロウの言葉を聞き、キララの表情が不安げに曇る。


「移動しよう」


本当に自分達は見られているのか真相をハッキリさせるべく、
カツシロウはキララに移動を促した。
不自然にならないよう虹雅峡の通りを歩き出す。
カツシロウは背後に意識を集中した。


――視線を感じる


つけてきている。そう確信した時、


「カンベエ様」


下の階層に続く階段の先にカンベエの姿を見つけ、
キララが声を発し、階段を下りていった。
カツシロウもその後を追う。

×
グランプリ賞金5万円!
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -