zero

 それは確かだった。
 信じられないかもしれないけれど、本当だった。


――私は死んだ。


 校舎が燃えた。


 私のクラスは逃げ遅れてしまったんだ。
 おそらく、火の元が近かったんだろう。

 クラスメートがどうなったかわからない。


 ただ確かに「私は死んだ」。


 そのはずだったのに。
 私が次目を覚ました場所は。
 なんてことない、いつも通りの教室だったんだ。



「さぁさぁ、王様ゲームを……始めましょうか」



 その1言から、この奇怪なゲームは始まった。




Osama Game










コメント(0)


×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -