モノクロの色彩

高校生の頃から付き合っていた彼は目の病気だった。

だった、と言えば語弊があるだろうか?
数年前、大学生の頃に目の病気に「なった」のだ。

後天性の全色盲。
簡単に言ってしまえば、世界が白黒に見える病気。
色を失ってしまったのだ。




彼は色鮮やかなものが大好きだった。

写真、絵画。

風景。


綺麗で心奪われるものが大好きだったのだ。


彼自身高校は美術部、大学は美術専門に通っていたほどで。

仕事としては諦めたものの、今現在も、私を見ながらキャンパスに絵を描いていた。


「……はぁ」

「斗真、できたの?」


筆を置いた彼の元へと駆け寄る。



うん。そういった斗真が私に見せてくれたのは、モノクロの私の絵だ。


見えないとどうも色合いが難しくて、カラーは描けないといっていたことを思い出す。


全色盲になった当初はカラーで絵を描いていたが、どうも色合いがちぐはぐだった。
モノクロなら綺麗に塗れているであろうそれは、カラーでは綺麗とは言い難い作品になってしまうのだ。



斗真は納得のいかない顔でblackと書かれた油絵の具のチューブを手で弄んだ。

最近の彼の周りには、キャンパスも、絵の具も。黒ばかり。


一枚だけ濃い青で描かれたものがあるが、彼は絵の具の確認を忘れて、今も気がついていないのだろう。それは黒であると、思っているのだろう。




「香代はさ、いいの」

「何が?」

「俺なんかで、いいの」

「斗真がいいの。私は斗真が好きなんだから」


私の言葉に、斗真が安心したような顔を見せては私にキスをする。

必要な物以外ほとんどない彼の部屋で、静かに時間を過ごす。



斗真の手が私の頬に触れて、彼は泣きそうな笑顔を私に向けた。



「……香代の色が見えないのは、寂しい」



綺麗な斗真の目には、私が映っている。
色の付いた私だ。

でも彼からしたら、私も色を持っていないのか。



「……見せてあげようか」

「見えないよ」



彼は私に苦笑する。


いいや、私は斗真に色を与えてあげられるよ。


モノクロの世界に、色を増やしてあげられる。

治療法の見つかってない病気だから不可能だとかなんだとか、そんなの関係ない。

斗真は私の全てだもん。
斗真のためなら、できないことなんてないんだから。


斗真の腕を引くと彼は首を傾ける。



「外に行こ?」

「何で?」

「何でも」



渋々立ち上がった彼の腕を引っ張っていく。

棚にぶつかって、筆が落ちたからんという音が静かに響いた。







外に出てすぐの道は、人通りが少なくない。

近くの公園を通り過ぎて、緑の多い道を進んでいく。


派手な色の服を身にまとったおばさんを横目に、また近所の噂なんかしてんのねと呆れながら前を見る。



スーパーについて、適当に買い物を済ませた。

彼の好きな食材とか、なんか。

それを彼に持ってもらい、外に出る。

夏から秋に変わりつつある今は、風が心地よくて、気温も丁度いい。
木の葉も、緑から黄色、赤へと変化するのももうすぐだろう。

よく通る灰色の車の煙は不快だが。





私が笑顔を向けると、斗真は曖昧に笑みを返した。


「あのね、斗真。大好き」


曖昧な笑みのまま、彼は少しだけ顔を赤くする。


「何、突然」


照れているのか、それでいて私から視線はそらさない。


「斗真が大好きだから、だからね、」


そう、そのまま。

そのまま私だけを見ていて。


「私が斗真に色を見せてあげる」




私を目に焼き付けて。

「……香代?」


何を思ったのか、彼の表情から笑みは消えた。








「愛してる」








私は彼に向かって笑いかけて、丁度来たトラックの前へと飛び込んだ。

---

大きなトラックが彼女にぶつかり何かがはじけた。



大きな音が
はじけた何かが

彼女の、さきほどの笑顔が


嫌に鮮明に俺の記憶に残った。





飛び散ったのは灰色。
黒に近い灰色だ。


──……いいや、これは。
これは、

赤。



事故なんかじゃない。

彼女は今、自ら飛び込んだ。
自殺、したのだ。

最期は笑顔で。



「斗真に、色を見せてあげる」
そう言って、笑顔で。



彼女は俺のせいで死んだ。
彼女は俺のために死んだ。



周りに人が集まってくる。

野次馬、警察、消防。



警察が近くにいた俺に事情聴取をすると話して。

恋人であると伝えると色々聞かれた。
何で自殺をしたのか。
君が側にいたのに。

だから、正直に答えた。



「彼女は俺に、色を見せてくれようとしたんです」


当然、変な目で見られた。
頭がいかれてんじゃないかって。





やけに鮮明に見えたそれは、頭から離れない。

そう、確かにあれは、見えた。
赤だ。
自分に飛び散ったそれも、赤。



見えたよ。

赤が見えた。


香代のおかげで、俺は色を見れた。




ありがとう、香代。


キャンパスにかきかけだった彼女の顔に、俺はredと書かれた黒と白の境目の赤色を塗りたくった。





コメント(0)


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -