「愛してるよ」

カーテンのしまった部屋は薄暗い。

今日は休み。
休みだから雄大も行為に至ったんだろうけど。



視界に映っている雄大は目を閉じていた。

まだ夢の中か。



そっか、それなら。

朝起きたら彼女がコーヒーを、とか定番だろうか。
というかやってみたい。

基本的に雄大が先に起きてるからできたためしはないのだ。


これはチャンス。



ごそ、と布団の中で動くと雄大が動いた。


有無も言わさず私に抱きついて、背中に頭を擦り寄せてくる。



「まだ。まだ、寝よ……?」


眠たそうな声。

私は諦めて起きあがることを止めた。



「おはよ」

「うん……おはよ」



背中の向こうから聞こえる声。

ぐるりと体の方向を変えて、雄大の方を向いた。


閉じられた瞼にキスを落として、笑う。



ゆっくり目を開けた雄大とぱちりと目が合った。



「……大丈夫?しんどくない?」

「うんうん、大丈夫」

「本当?」

「本当だって」


心配性ですね、君は。



雄大からバードキスをされ、また目が合った。

困ったような表情だ。

君、好きだね。
そうやって眉を垂らしてへにゃって表情するの。



「……自制聞かなかった」

「案外激しかったよね」

「そういうこと言わない!」


むに、と雄大は私の頬を引っ張る。

本当のことを言っただけじゃないか。
この……ロールキャベツ男子め。

ん?ロールキャベツ男子とは違うかもしれない。



布団、暖かいから出たくないな。


じ、と雄大に見られて首を傾ける。



「どうしたの?」

「好きだなぁ、って思って」


突然の言葉に目を逸らす。


それを見て雄大は笑う。
楽しそうに、笑う。


「可愛いね、明菜ちゃん」

「そーいうのいりませーん」

「照れてるの?」


なんだこいつ!
くそう!


「何、突然」

「思ったら言うって、言ったじゃん」



言ったけど!



「……今日はどっか行こうかな!」


誤魔化すように言葉を吐く。

雄大は考えているのか、斜め上に視線を向けている。


「ケーキバイキングとか」

「あ、いいね」

甘いもの、食べたいね。


もう少し。
もう少しだけ、このままでいようか。


幸せだから、このままでいさせてね。

雄大にゆっくり抱きつくと、彼もまた抱きしめる手に力を込めた。


「愛してるよ」


君からそんな言葉を聞けるだけで、こんなに嬉しくて。

私も、愛してる。なんて。
笑って返事を渡せば雄大はくすぐったそうにへにゃりと笑った。



「ねぇ」


私の言葉に彼は首を傾けた。


「私も、ここに住んじゃいたいんだけど」

ほら、もう同棲しているようなもんでしょう。
そう言い訳のように言葉を重ねる。


どうでしょう?なんて問いかける。


さぁ、あなたはどんな答えをくれるの?
そんなの、わかりきっているようなものだけれど。





-fin-




コメント(0)


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -