僕らの居場所

つらくて、つらくて。たちどまって。
ぼくらはそれでも、ここにいるんだ。

プロローグ


1章:はじまり

おいでませ逢坂寮! 「全員男……?」
うましかだよー 「うっぜぇー女」

2章:こころ

心の傷 「わかんないのあの猿頭」
雨嫌い 「……お前には守れないよ、賢介」

3章:くるしみ

お買い物をしましょう 「お菓子っ! お菓子も買う!?」
そばにいる 「……行くな。お願い、だから」
タイムマシーンを探せ 「あんたが落ち着け」
愛しい、君の想い出 「そうやって、君のことを思い出す」
全てが幸せな結末じゃない 「きっとまだ信じてる」

4章:いとおしい

自意識過剰女 「好きって言わせる自信、あるもの」
俺はお前が、 「めちゃくちゃ嫉妬、してた」
権利なんてない 「……それはたぶん、溝渕だ」
彼女への伝達方法は 「私はズルい人間だ」

5章:かいほう

真夜中学校 「本当に肝試しじゃあんこれじゃ」



コメント(0)

戻る

×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -