雨の日の攻防戦 | ナノ
の日の攻防戦

雨音が、室内にこだましている。
真っ暗で何も見えない。
そっぽを向いている彼女と雨音だけが、今の自分の五感を満たす全てだった。

「撫子」

呼びかけてみたものの返事はない。
困ったものだと、理一郎は小さく溜息ついた。





事は遡ること数分前。

「なかなか復旧しないな…」

先程の烈しい落雷で停電になってから、かなりの時間が経過していた。
幼い頃から、自分達は不思議と雷雨に縁がある。
今だって、自室で一緒に高校の課題をこなしている最中だったのだ。
課題を終わらせることができないばかりか、この状況では身動きもとれない。


…それに。


暗闇の中、二人きり。


身体は、吐息が触れそうなほど近くて。


こうした状況に、冷静でいられるはずなどなかった。
内心の動揺を抑え切れなかった理一郎は、つい悪態をついてしまう。

「お前が遅刻してきたからこうなるんだよ。早く帰れていたら、困ることもなかったのに」

もちろん悪気などない。
しかし、この言葉が予想外に撫子の機嫌を損ねてしまったらしい。
そっぽを向いてしまった彼女は、以来一度も口を利いてはくれなかった。





沈黙に耐え兼ねて、理一郎は撫子の頭を撫でながら言った。

「いつまでむくれているつもりだ。…悪かったよ」

「……」

「オレはただ、遅くまでお前を家に留めておいたら、親父さんに何て言われるか心配なんだ」

そう弁解すると。
撫子はむすっとした顔のまま振り向いて、理一郎の瞳を真っ直ぐに見据える。

「理一郎のばか」

「え、な……痛っ」

思いっきり、デコピンを喰らわされた。
鈍い痛みに額を押さえながら顔をあげると、いつものように、勝ち気に微笑む撫子の顔があった。

「さっきの仕返しよ」

くすくすと笑う声。
先程までとは打って変わった態度に、なんだか酷く調子が狂う。

「何なんだよお前は…」

恨めしそうに呟くと、返ってきたのは意外な言葉で。

「だって、悔しかったのよ」

「え?」

「…理一郎は、私と一緒にいたくないのかなって」

「バカ、そんなわけ」

「私は、朝までこのままだって構わないのに」


目の前のシルエットが、恥ずかしそうに俯く。

どこまでも甘く響いてきた声は、ほんのりと期待を含んでいるように思えて。

「…っ。それ、どういう意味かわかってるのか?」

返事代わりに、撫子は甘えるように首に手を回してきた。
その仕草は、見たことのない艶やかさをまとっていて―思わず、眩暈がする。

(こいつ、いつこんなのを覚えたんだ…?)

きっと今の自分は耳まで赤く染まってしまっている。

停電に感謝しつつ、なんだか一本取られたような気持ちになって。

悔しいから、無言で唇を奪ってやった。


(終わり)

[戻る]
タップで読むBLノベル
- ナノ -