流星


第一楽章
第二楽章
第三楽章
第四楽章
第五楽章



栞から読む

◇◇◇
「あーあ、落ちちゃった。落ちちゃったよ」
 こだわりのない家、こだわりのない服、こだわりのない仕事。「特別」なものを持たずに漠然とした毎日を送るはづきは、ある日、ホールの裏手で少年・天川凪と出会う。
「とても高いところ」から落ちたという彼に、押しきられるように始まった同居生活の中、はづきはやがて、凪の言葉の真意を知り――
 天才少年ピアニストと何も持たないはづきの、夏の光を駆け抜ける現代中編。

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -