コートドールの魔女


Ouverture
1 旅立ちの子
2 魔女の店
3 恩師
4 グラム・ハーツ
5 青年サボ
6 触れる秘密
7 魔女ベレット
8 朱夏
9 雪別
10 赤と青
11 母の来訪
12 隣国の魔女
13 暗雲
14 アルシエとセリンデン
15 召集
16 国王ウォルド
17 石の底の再会
18 ユーティアの戦い
19 袋小路と二人の看守
20 君の名を
21 夜に追われて
22 故郷
23 農村の日々
24 コートドールへ
25 二人
26 移りゆくもの
27 使命
28 コートドールの魔女
La fin


 

 栞から読む

 数百人に一人の少女が、生まれながらに本を持っている世界。グリモアと呼ばれるその本は、彼女たちに課せられた使命の書であり、世界に転換をもたらすと言われている。
 本を持つ人を、人は「魔女」と呼び、「魔女」はかつてその異質性から、迫害を免れるため薬を扱う知恵を身につけていた。
 時は流れ、迫害は歴史として語られるようになった今。
 一人の少女が、運命を手に、古めかしい薬草魔女の道を歩き出す。
 
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -