星の宿り木


T.古書屋「アーク」の物語
U.光る石
V.星を読む人
W.薄金色の部屋で
X.星満ちて、夜
Y.星読師
Z.トウミツ祭の奔走
[.物語の中に
\.未来への約束
].星の宿り木



栞から読む

◆あらすじ
 古書屋「アーク」の主人は変わり者。夜な夜な怪しい古文書と向き合って、何かやっているに違いない――
 夜毎、不思議な明かりのこぼれる窓を指して、人々はそう噂する。カリヨンの街に最近やってきた若き古書屋店主、ジルは、そんな妙な話の絶えない人だった。街の青果店の娘、マリアは、ひょんなきっかけから彼の店を訪ねることになってしまう。そこで見た光景は、予想外のものばかりで……
 真鍮の天球儀が回る、不思議な古書屋で繰り広げられる、星明かりと猫と本に囲まれた中編ラブストーリー。


アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -