エソラノート
思いつきと空巡っ子を愛でるだけ

◆◆◆◆◆◆◆

▽イズを語ろうの回
【リクエストボックスより・イズについて】

こぼれ話的なものがあれば、とのことだったので、最近考えていた色々を語ってみました!
Twitterの呟きをそのまま並べているので、口調や脈絡がバラバラで見辛かったらすみません。
フラインフェルテ・完結編のネタバレを含みます。

*****

イズは独り立ちすると帽子を被るようになるんだけど、それはイズの中で『魔法使い』っていうのがキーツのイメージだからで、帽子を被った後ろ姿を何百回何千回と見てきたからなんだよ。

キーツは魔法使いの帽子みたいな、つばの広い草臥れた帽子を被ってるんですけど、イズは現代的なハット。髪はまだ当分伸ばさない。いつか弟子はとるのかなーどうかな?特殊な生い立ちだからね、自分からすすんではとらないかもね。

キーイズはバディとしての仕事が増えていくし、かなり難易度の高い任務を当てられるようになっていくから、お互いなかなか弟子は育ててる暇はないかもしれない。やがて『討伐隊の名が最も似合う二人』と呼ばれるようになるのをイズはまだ知らない。キーツは『一人』ではなくなるのを予感してるけど。

イズは独り立ちの少し前に、サジと和解する。あのとき私を見つけてくれてありがとうございました、って言える。サジはいつかそれをハキーカに伝えたいって思って、ハキーカにもし再会できても何から言えばいいだろうって躊躇ってたけど、その会話をすればいいって決める。決心があればいつか会える。

ハキーカは討伐隊に戻ることはないけどね。戻る可能性があるとすればそれこそ、テイラー事件絡みであって、それが解決した今、アストラグスにハキーカが関わった仕事は残ってないし。風の噂で解決を知って、こっそりイズの顔を見に来たハキーカに、サジだけが気づくとかアリかな。

イズはハキーカと直接会うことはないかも。過去を引きずらなくなったとしても、別にハキーカに会いたい理由はないし。ただ生き残ったことには感謝するようになるし、ハキーカのことも『かつてここ(討伐隊)にいた才能ある魔法使い』と真っ直ぐに認められるようにはなるかな。

テイラーがおかしくなったのはアストラグスのせいか?本人のせいか?って部分に関しては、イズは後者だと割りきってそう。本人が弱くなければ周りがなんと言おうと狂わずにいられるっていうのは、キーツの幼少期や自分の生い立ちが証明してるから。少なくともイズから見れば。だから中央は恨まない。

イズがよくしてたワンピースにケープっていう服装は、無意識にではあるんだけど、『自分を隠したい』って気持ちの現れでもあった。体の輪郭や表情が隠しやすいでしょ。それを脱ぐってことが、『生きていく(世界と向き合う)』っていう一つの宣言みたいなものなのね。

逃げも隠れもせず、自分が何者でも、持てる力のすべてを戦場でさらけ出す、恐れ知らずな魔法使いになるよ。戦い方も守るばっかじゃなく、攻めていくようになるし。『討伐隊』になるんだよー。

*****

完結後もこうして自分の中で考えたことを、聞きたいと言ってくださる方がいらっしゃって、とても嬉しかったです!
リクエストありがとうございました〜。


2017/07/01 14:12 (0)


▽いいこ の日
色んなキャラやCPの〈こんなタイミングでいいこいいこしてそう〉を思いつくだけ適当に。

〈ライム売りとカラス〉
ガラッド→レイシー
レイシーの黒髪を気に入ってるので元々日常的に触る。頭撫でるのはレイシーが何か子供っぽい失敗をしたときとか、笑いを含んだ「可愛いなあ」って気分になったとき。
レイシー→ガラッド
膝枕してるときにふと。木漏れ日に当たっていつもより淡い色になった髪を見て、柔らかそう、って思って手を伸ばす。

〈公園の悪魔〉
???→叶恵
???(悪魔さん)にとってはハグやキスよりずっと敷居が高い行為。無償の愛の権化みたいな行為だと思ってる。キスなんかより遥かに「あんたが好き」って言ってるようなもんじゃん、と思う。
叶恵→???
いい子じゃないのでいいこいいこする機会は滅多にない。でも実は寝ぼけてワッシャワッシャ撫で回してることがある。叶恵は覚えてない。

〈ブルーベリーサタン〉
ルク→マキ
未だに「本当に突然触っても嫌がられないだろうか」とか気にするので、そんなに頻度は高くない。普段そうやって触るのを堪えてる反動か、抱きしめたときに撫でる癖がある。
マキ→ルク
お疲れさま!の意味を込めてわりとよくやる。フランクに見せかけてるけど実は結構意気込んでいってるし、やった後は照れてる。

〈雨憑姫と煌野の皇子〉
ジャクラ→ルエル
日常的にやる。コミュニケーションの一環くらいの気軽さ。でも公的な場でやるとルエルのイメージが子供っぽくなりかねないので、そこは弁えてる。なので王宮の人たちは大半がいいこいいこしてるの見たことあるけど、民衆は全然見たことない。
ルエル→ジャクラ
奥手なルエルを促すためにジャクラがすり寄ったりするので、こうかな?と恐る恐る撫でてみたり。ジャクラのしてくれることを真似する形で接し方を学んでる。

〈ウェストノールの風〉
テオ→セネリ
いいこいいこ=女の子扱い、という認識。されるのは嬉しいけど男として気恥ずかしい。するのはわりと好き。
セネリ→テオ
テオが疲れて抱きついてきたときとかに。大人しいけどわりと母性があるので、弱ってるところを見せられるとついやりがち。されるときは照れてるけど、するときはにこにこしてる。

〈星の宿り木〉
ジル→マリア
マリア→ジル
この二人は同じ。不安を消してあげたいとき。物語に入るときや物語の中ではジル→マリアが多くて、現実の世界ではマリア→ジルが多め。

〈竜哭く海の宝物〉
ジーク→シンシャ
可愛がりたいとき。もしくはキスしたかったけど人目があったとき。ぞんざいにしそうで意外と大切そうに撫でる。
シンシャ→ジーク
撫でるという意識で触ることはあまりないけど、髪を触ってることは結構ある。潮風でごわごわ、と思ってついといてしまうんだけど、ジークがされるがままにしてるので自由に触ってる。

〈フラインフェルテ〉
キーツ→イズ
ウェーイうりうりうりうり
イズ→キーツ
届かない

〈月の都に火は灯る〉
ログズ→タミア
純粋に褒めるとき。でも褒めるときは自分もテンションが上がってるので雑になりがち。
タミア→ログズ
やったことがない。もしやったとしたら意外と照れられて双方気まずくなる。




2017/01/15 21:57 (0)


▽無題

久しぶりに出てきて何ですが、ちょっと置き場に困ってて表にあげるのも色々面倒なSS投げます。

http://nanos.jp/mermaid505/page/57/

BSTのキヲリコで、本編よりだいぶ関係の進んだif的な話。
ぬるいんですけどR18なので、ちょっと置き場をいま新しく作らないと、出せるところがなくて。とりあえずここに置いておきます。

明日から旅行だ。



2015/10/09 23:31 (0)


▽着々と人外

を、コンプリートしていっている気がします。空巡メンバー。
新しい短編は吸血鬼の話です。なんだかんだ今まで一人もいなかったですね。魔法使いとか把握できないくらいいるのにな。まあうちの魔法使いは、人間であって魔力があってー、みたいな、種族としては人間で職業が魔法使いってタイプが多い気がしますが。

人外男性×人間女性の組み合わせに弱い。
人間関係にちょっと冷めてる女の子か、素朴で健気な女の子を当てていることが多いような。人間ベースの魔法使いには純粋な子をあげたくなります。
今回のヒロインは、どれかっていうとちょっと冷めてるかな?

人外ヒロインもほしいのですが、たぶんそれだと、ラブストーリーよりファンタジー冒険ものになっていく気がします。もしくは鬱ファンタジー(笑)
なんだろうな、やっぱり大きな力を持つことへの心の耐性が、女の子だとそこまで強くないような気がしてしまって。崩壊に向かっていくような話の方が楽にできちゃいそう。

まとまりなく話してますが、ちょうどコートドール以来、大きな更新ができていなかったし、短編が出せてすっきりです。
午後二時くらいに思いついて、日付をちょっと越えて十二時すぎには完成してました。たぶん歴代の短編のなかでも断トツの速さ…(笑)
長編のいい息抜きになりました。
さらっとした話なので、さらっと楽しんでいただけると嬉しいです。

ではでは。


2015/03/27 10:19 (0)


▽三月

便りのないのはなんとやら、を地でいく人間ですみません。元気です。

コートドールが終わってから、長編をひとつ書いていました。おとぎ話みたいな、八万字くらいのラブファンタジーを。今は選考に出しているので公開できないのですが、六月に結果が出ますので、それ待ちです。

二月に終わって、今はライム売りとカラスを書いています。五年前のお話ですが、大筋はそのままに、今のやり方で書き直してみようと思いまして。
これは文庫にする予定なので、なかなかサイトに出せるものが増えなくてすみませんが、よかったらご検討ください。夏ごろに出せたらいいなあ。

どうでもいい話ですが、長年食べられなかった茄子が食べられるようになりました。


2015/03/15 00:56 (0)


▽ご無沙汰しています

11月の終わりに急性大腸炎で入院して、先日帰ってまいりました。いやはや。
三年連続でこの時期に倒れていて、ちょっと何とかループを抜け出したい所存です。去年は気管支炎が一ヶ月続いてたし、その前は耳鼻科系のあれこれで点滴通いしてましたね…夏の方が苦手だなあと思っていたんですが、明らかに冬が苦手なのでは説。
お粥とかスープで生きている状態ですが、現在はそこそこ回復してきました。

本日記だけはぱらぱらと更新しているので、興味のある方はよろしければ。
入院中はイコの上巻を読んでいたんですが、下巻がまだなので、それは読み終わり次第に。
しばらくはお腹も平和に過ごしたいし、高熱も出したくないですねー。腸炎流行ってるらしいので、皆さまもお気をつけください(ヽ´ω`)何より断食が辛かった…笑

春から書いてきた長編がもうすぐ終わりそうな気配。楽しみたいです。



2014/12/10 14:33 (0)


▽ポッキーゲームできるかな

ルクマキ(ブルーベリーサタン)
人前だったら断固としてやらないけど、二人きりのときにマキが仕掛ければ応えます。(プライドが「できない!」とは言わせないので)
すれすれまで頑張って結局ルクが折るよ。

松加(松川灯譚)
ポッキーの日ではなさそうな日に、ふと加月が買ってきたやつで松川が仕掛けそう。
加月が食べますか?って言ったら反対側からスッとかじられて動揺してる間にゲーム完了してそうです。

ガラレイ(ライム売りとカラス)
レイシーは誘われたら頭ごなしには断らなそうなので、一旦始めるでしょう。途中で限界がきてぱきっと折ります。
結局「だめだよ」ってキスされそうだけど。ポッキーの意味。

ジルマリ(星の宿り木)
真っ赤になりつつも完了できそうな二人。わりとまともにできそう。

キヲリコ(ブラウンシュガー・テイル)
リコが好奇心で言ってみたらキヲトが思いの外照れたので、ちょっと面白くなってやりましょうよ〜って押すんでしょうね。まさか受け入れられるとは思わずに。
いざ始めたら意地でやり遂げそうです、キヲト。

ハキメイ(ヤカリハリネ)
そんなこと覚えさせるようなヘマはしません(ハキーカが)


番外編
もしものはなし

ゼンマキ(ブルーベリーサタン)
ぜひ「チョコレートは人肌で溶ける」を体現していただきたい所存。
たぶんポッキーとかもはやどーでもいい。

公式?としてはルクマキゼンタリですが、さりげなくゼンマキ支持してくださる方もいます。割合的には少なくないです(笑)
ゼンさんはルクと違って、直接地獄に誰かを落としたり引き留めたりと支配できるわけではないから、異世界のマキと恋をしていたらきっと大変だったでしょうね。繋ぎ止めるものの不安定さから、ルクみたいな恋にはならなかったでしょう。

「貴方が自由に歩けなくなったら、地上はもっと遠くなりますね」って、足首に枷のようなキスをする。多分、そんな恋だったのでしょう。


2014/11/12 00:04 (0)


▽フラフェと近況

イズは、自分ではあまり気づいていませんが、二年前と比べて格段に、キーツに触れるようになっています。口調も最初はもう少し、神経を張っているものでした。生意気ではあったけど、警戒していたのです。キーツというよりは、他人全般、特に魔法使いに。

現在でもキーツ以外にはわりと警戒してるので、周りから見ると「人見知り」という印象。あ、でも次に出せる予定の話で、少しだけ友達ができるかも?これもまた変わったポジションの方々なんですけどね。

そうだ、お知らせ(前にもしたかな…?)
近々、また文庫本を作ります。松川は恋愛ものでしたが、今回はまた違った雰囲気で。
画家を目指しているも思い通りにいかず、アトリエを飛び出した少年・キリエと、草原で出会った羊飼いの青年・ニールの話。来月ごろ、文庫化を予定しています。来晶堂で扱いますので、よろしければお手にとってください。

最近、映画館で働いています(この話もしたかしら?)
千年キネマを書いたあたりから興味があったんですが、ずっと勤めていたところを辞める機会がありまして、この機に。千キネの舞台よりずいぶん大きいところなんですけれど、意外と間違った知識は少なかったようだと確認できて一安心。まあちょいちょいと、気になるところは見つかりましたが。

あと、先日名古屋のリトルワールドへ遊びに行ってきました。一泊二日の泊まりがけという満喫スケジュールにて。
こまごまとメモを取る時間はなかったものの、民族衣装着てみたり世界の台所や寝所を覗いたりと、色々あって楽しかったです。ハンガリーのサーカスがきていて、それも観ました。物心ついてから観たの初めて。


2014/10/28 13:45 (0)


▽結婚もしくは同棲前提で

キヲトが帰ってきたのに気づいて出迎えたリコが、本とかたくさん借りてきて荷物が多いの見て、
「帽子とローブかけておきますね」
って手を貸してくれるんだけど、ローブを普通に受け取って帽子をえいって自分で被ってすたすた戻しにいって、何テンポか遅れて後ろ姿の可愛さにじわじわくるキヲト

を、想像したら仲良すぎて自分で和んでしまった。
リコは子供の頃に教えられたこととか妙に身に残ってるところがあって、転ぶと危ないから両手に荷物をたくさん持たない、とか癖になってそう。買い物とかは仕方ないにしても、家のなかで両手にものを持ってドタバタするとか、あんまりしなそうです。
でも何かしてるときに呼ばれると片手にどうでもいいもの持ったまま出てきたりしそうだ。泡立て器とか。枕とか。


2014/09/18 17:26 (0)


▽ブラウンシュガー・テイル

最近ツイッター経由でキヲトとリコの絵をいただける機会が続いていて、嬉しさでほわほわした顔が戻りません。いただいたイラストをあまり置いていないのは、あくまで私にはイラストは描けないので、イメージを固定せず自由にしておきたいからなのですが、せっかくいただいたものですからサイトに置かせていただきたい気持ちもあり。もし置場所を作ったら、確認の上で置かせていただけたらなぁと思います。

ブラウンシュガー・テイル(以下茶糖)は、空巡を舞台にした初作品でもあります。
ヒロインのリコは最初から、将来、キヲトと結婚して空想巡業に住む女の子というイメージで生まれたので、この子を空巡に向かわせるときは、運命の相手を近づけているようで楽しかったです。
短い時間の話なので、もちろん本編ではそこまで発展していませんが、いずれ。

うちにしては珍しく、活発な感じの女の子ですね。マリアに近いかなと思わないこともないですが、マリアはもうちょっと慎重かな。リコはとことん犬属性って感じです。垂れ耳わんこよ…
ちなみに和装なのは、キヲトを応援するある方の「隣に並ぶなら和服が着たい」発言から。魔法使いのような服装のキヲトと袴姿のリコですが、並んでみると意外としっくりくるものですね。

ちなみにリコの身長は155センチ。
靴を履いて並ぶと、キヲトとは五センチくらいしか差がありません。ちんまりセット感。


2014/09/14 16:53 (0)


prev | next



アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -