火花

2015/08/26 21:52


火花

又吉 直樹
文藝春秋


今さら何を説明する必要もない話題作だと思うので、ざっと感想だけ。

非常にすっきりしました。私が常日頃抱く考えや感覚を説明してくれる本だ、と思えるくらいの共感指数の高さでした。単純に合ったのだと思います。

緩慢な日常とそこに潜む激情のアンバランスがとてもいいです。
周りの評価を見ていて感じるのは、評論家的な冷静さを持ち合わせた人ではなく、寝食を忘れて何かに傾倒しているような、冷静でない人ほど愛せる話ではないかということ。主人公も神谷さんも、半分破綻しているか全部が破綻しているかの違いだな、と思うので。ただ、破綻といってもその継ぎ目から滲む神谷の気質は、紛れもない「いい人」かと。

読めてよかった、と思う一冊です。


前へ | 次へ
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -