堕ちる声の夜をほどいて
盲いた理想論

Where is the magic that cannot love?

うつくしいきみは彗星を孕む

ちいさなふたり
夢でならふたり
浪漫主義

惑星がおどる、きみは囁く

かがやく国の真ん中でぼくら
ほどけた宇宙でワルツをおどろう
翳した運命のすきまで

「お慕い申すは夜の涯まで」

きみに触れたいこころをきいて
にじむ夜に魔法を
いつかのぼくと
シークレット・シークレット

曖昧に触れうるなら
やわらかな瞑目
群青を葬る
触れられる心臓から魔法が溶けない
あふれる蜜の味たるや

Then, I get to know that I loved you.

まどろむ心臓
ミッション・誘惑を迎撃せよ

Make me into magic!

きっと世界にふたりきり
そうしてその儚い罪すら忘れてしまって
可憐な酩酊
いとおしいまばたき

夜明けをすくって

エキサヰト運命
ときめいているのさ

きみとしたくだらないささめきごと

ふたりのビオトープ

×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -