:
:

:

かぼそい夜に微笑む
あなたとの呼吸なら淋しくないと思った
二度目の浮游
疚しい瞳とやさしい嘘

息を吐くように飲み込むように、しあわせなんだとあなたに告げよう
劣化したふたりの雨細工


底冷えする夜に、白いシーツにくるまった君の手首を月明かりに透かすと青色が見えた、美しい光景だった


thank you!
to 浅宮様 from 臣人

×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -