めいっぱいの愛と感謝を リランは幸せ者です
>>response & question

Thank you request. Using free!!
※各ページタイトルはそれぞれ参加者様から募集したものなのでお題としての利用はご遠慮ください

茅様:赤い糸の意味は知っていた
ろく様:したたり落ちる君の汗からは、夏のにおいが漂っていた。
鳴様:故郷の景色
りこ様:きみの声を聞かせて、ぼくに好きと言って、それだけできっと強くなれるから。
浅宮様:底冷えする夜に、白いシーツにくるまった君の手首を月明かりに透かすと青色が見えた、美しい光景だった
永和様:君の世界は、まだ僕のままですか。
七緒様:ふたりぼっちの宇宙に飛ばされたい
瞬様:ずいぶん遠回りをしてしまったね
哉谷様:あの夜に瞬いた流れ星は、今はきっとあの子の瞳の中にあるのだろうね。
羽澄様:お願いだから、置いていかないで
旭様:花に似ている
nie様:死ねって思ってた、って言ったらお前はどんな顔するの
チナミ様:どうして私は彼を傷つけることしかできないんだろう、と抱き締められた腕の中で、そう思った。
進藤様:明日は朝ごはんを食べたい
かずのこ様:きみの笑顔が見られるならなんだってするさ
ゆわ様:「どちら様ですか?」
natti様:宇宙は美しいが僕達世界の事を何にも知らない。
桐子様:例えば自分の世界を作るとして、真っ先に浮かんだのはあの人で、結局あの人さえ言えばそれでいいと思ってしまうのだ
りおん様:常識から逸脱した愛情は、たとえ海より深くても、相手を喜ばせても、狂気の沙汰に分類される。
もち子様:二人は手を取り合って、深海に沈んでいきました。
伊都様:君の吐息を吸った世界


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -