聞こえませんか、神さま
それはそれは綺麗な言葉で

わたしの涙腺に触れて

本当はね、なにも知らないような星も、すべて見ていたような月も、きみが愛した夜も、世界の素晴らしさに泣いているんだ

Just keep it to yourself.



仲良くやろうぜ、ナイトメア

そう言ってあなたはわたしの瞼を救うのです

インソムニア
そっと縫う夜明け
きみの沈黙

僕らにあの朝がくるまえに

哀してるよ


























さはらさん

遅くなってしまい申し訳ありません。そんな立派なものではございませんが、少しでも気にいっていただけているのならうれしいです。ひとり言のようなイメージで書きました、難産です(笑)リクエストありがとうございました!

背景色#4c6cb3 文字色#e6e6fa

5 5 2012
リラン/臣人



×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -