感情の命名


「こんばんはっと…」

もはや日課となった、やりとりに思わず笑みが零れる。
名前も、性別すら知らない人と、ずっとこうしてやり取りをしているなんて、なんだか変な気分。
そんな不思議な気分がなんだか心地よくて、目を伏せる。
この人はどんな人なのだろう、どんな声で話すのだろう。
そんな事を考えていた際に、ブーっとバイヴが鳴り、携帯が小刻みに震える。


(こんばんは、何しとったん?)

(ごろごろしてました)

(自分、暇人やな)

「暇人です…」

文書を打ち終え、送信する。
先ほど、名前も性別も知らない、なんて言ったが、性別はほぼ分かっている。
分かっているというか、俺と自分の事を表しているので、きっと男の人だろう。
きっと、と使っているのは、女の人でもたまに俺って使っている人がいるから、一応ね。


(暇人やから授業中にあんな白玉書いとったんやろ?)

(そうですよ、選択授業暇なんで)

(同感や、暇すぎて欠伸出るわ)

(分かります、眠たくなりますよね)

「…あ!」

送信し終わってから気付いた事実。
この人、選択授業社会を取っている。
と言うことは同い年なんだ。
全然気付かなかった。
選択授業社会を取ってないと、あの机使わないもんね。


「…私、何にも知らないな」

性別も(男の人だろうとは思っているけど)、年齢も(恐らく同い年)、名前も、顔も、声も、何もかも。
何1つ知らない人と、こうして普通に会話を楽しんでいる。
これは可笑しいのだろうか。
けれども、このメールのやり取りをしている人、仮にZさんと呼ぼうか(Aだとありきたりだから、何となくアルファベットの最後にした)。
Zさんとこうやってツールを通して会話をするのがとても楽しい。
四天宝寺の人からしたら珍しくテンションが高くなくて、やり取りがしやすい。


(あの先生、ごっつ面白ない話とかするし、周りもそれで笑うのがよう分からん)

(私も思いました、全然笑い所が分からないです)

(それが普通やから、大丈夫や)

(それを聞いて安心しました)

何故、何も聞かないのか、と思うだろう。
Zさんも私のことについて聞かないし、私もZさんについて何も聞かない。
いや、聞く必要がない、のだろうか。
だって、聞かなくても普通に話せるし、私的には仲良くなれてるとは思うから。


(なんか好きな曲とかあるんか?)

(曲は色々聞きますけど、最近出たグループのCDは買いました)

(それって、CMで使われとった曲?)

(それです、それ)

(あれ、ええ曲やな、俺も買ったわ)

「…同じ、だ」

相手の基盤を何も知らないけど、会話の中で少しづつ分かっていくのが楽しいから、聞かないってのも少しある。
善哉が好きで、音楽が好きで、四天宝寺の校風には合わなくて、授業はあんまり聞いてないけど、テストとかは普通に点数取れて。
きっと、男の人で、同い年なのにどこか大人びている人。


「…なんだろ、これ」

同じ人CDを買っていた、同じことを思っていた、そう分かると、何だか胸がむずむずする。
この感情の名前は、何?
初めて抱く、この感情に戸惑いつつも、どこか穏やかな気持ちになった。



*2015/11/29
(修正)2015/01/05


話題のイラストメタバース
バチャスペ
- ナノ -