困惑


「…どうしよう」

私の呟きは騒がしい教室の喧騒にかき消された。
まぁ、誰かに聞いて欲しかった訳ではないから、別にいいんだけどさ。


「由梨ちゃん、お昼食べよー」

「あ、うん」

「ん?その紙なんや?」

「ああ、えっと…、友達の、メールアドレス…」

「へぇ、そうなんか…、あ、今日なぁ!」

楽しそうに今日の予定を話す佐藤ちゃんに相槌を打ちながら、私は咄嗟に机の中に入れた小さく四角に折られたルーズリーフに書いているメールアドレスを見て、内心ため息をついた。
本当、どうしよ。
事の始まりはお昼休みの前の時間、つまり選択授業まで遡る。



▽▽▽



「せやけどな!ここでコイツが裏切りおるんや!」

バンッと黒板を叩きながら大好きな武将について語る先生。
その声をBGMに、私は着々と午後にある数学の宿題を移していた。
すっかり忘れてたんだよね…。


「どや、由梨ちゃん、終わりそう?」

「うん、後1問写せば終わり」

「おお、そら良かったわ」

にこっと笑う佐藤ちゃんに、お礼を言う。
この宿題、貸してくれたの佐藤ちゃんだからさ。


「それにしても…、お腹減ったなぁ」

「これ終わればお昼休みだよ、後もうちょっとの辛抱だ」

「うぅ、せやけど…」

「宿題のお礼に、何か奢ってあげるからさ」

「よっしゃ、頑張ろ」

そう言って真顔で前を向き、真剣に授業を聞く佐藤ちゃん。
現金な子だ、と苦笑し、最後の問題を写しにかかる。


「…ん?」

佐藤ちゃんに借りたノートを見ていると、視界に黒い何かが見えた。
そちらに視線を移すと、そこには私が描いた白玉が…って、まだあったんだ。
あ、まだ私の文字残って…。
…あれ?


「“机の中”…?」

私が書いた“白玉です”の下に、新しく書き加えられていた文字。
え、机の中って…?
私は恐る恐る机の中に手を入れてみた。
冷たい金属の感触が…ん?
なんだろ、これ…。
カサリと音を立てたそれを机の中から取り出す。
なんだ、ルーズリーフか…。
二つにおられているルーズリーフを開くと、そこには…。


「…え、これって、メールアドレス?」

と、言うことなのだ。



▽▽▽



「…はぁ」

これってきっと“これ何や”って書いた人のメールアドレス…なのかな?
いやいや、でもなぜメールアドレスをいれたの?
え、これってメールするべき?
相手の性別すら知らないのに?


「…まぁ、なんとかなる、かな?」

「由梨ちゃん、どないしたん?」

「ううん、何でもない」

まぁ、何とかなるよね。
だって同じ学校の人で、同じ学年(多分)でしょ?
新しい友だちが増えるってことで…。
…あ、メール、なんて送ったらいいんだろ。



*2013/10/06
(修正)2015/12/23



話題のイラストメタバース
バチャスペ
- ナノ -