敵襲


先ほど隣の部屋から聞こえた声から推測すると、きっとあの声の主がカシムで、アリババを探し出したという所だろうか。


「どうする?」

「倒す」

「了解」

「ふん、何が倒すだ!俺達霧の団は最強だ!」

そう口にしながら部屋の壁を壊し、襲いかかってくる霧の団に、私は手を翳す。
“空力使い”を使い、地面から強風を発生させ、次々に吹き飛ばしていく。


「な、なんだこいつ!っ、うわぁぁ!」

「よし、これでいいね」

誰も居なくなった室内を見て、微笑みなが服についた汚れをたたき落とす。


「流石レベル6に1番近いと言われるだけあるよな」

「馬鹿にしてるの?あんなの10%も力を出してないわ」

「馬鹿にしてねぇって…ホテル内が騒がしいな、どうやら襲われたのはこのホテル全体らしいな」

「ここから移動しよう」

「ああ」

アヴィが“座標移動”を使い、ホテルから数m離れた背の高い民家の屋根へと移動した。
ホテルを見ると、屋上にはうじゃうじゃと霧の団が彷徨いていた。
そこに現れたのはシンドバットさんたち一行。


「待ち伏せしてたみたいだね」

「ああ、こっからどうする?参戦するか?」

「ううん、いい」

私は屋根の砂を手で払ってから座り、ぼうっとホテルの屋上を見る。
欠伸を噛み締めながら空を見上げていると何やら歓声が上がった。


「なに?」

「さぁ」

よく見ると、霧の団の数が物凄く減っている。
しっかり見ておけばよかったと思う反面、ベッドでゆっくり休めなかったので、早く騒動が終わって欲しいと苛付きが募る。


「眠たい…」

「少し寝るか?」

「うん、寝たい…」

寝たいと口にはするが、こんな所で寝ては風邪を引いてしまうし、なにより寝れない。
なのでむすっとした表情のまま、頬杖をついて睨みつけるようにホテルの屋上を見つめる。


「…どうやら、話が終わったみたいだな」

「そう、で、どうなったの?」

「さぁな、ただアリババが何かするらしいぜ」

「そう…」

駄目だ、眠気が限界まで襲ってきている。
何処かで休みたい、そう思い私はゆっくりと立ち上がった。


「どうしたんだ?」

「寝たい」

「ああ、分かった」

アヴィは“座標移動”を使い、私と共にどこかへ移動した。
そこは先ほど私たちがいた室内と同じ作りをしている部屋だ。


「ここは…?」

「さっきの襲撃で奇跡的に無事だった部屋、どうせ誰も来ないし、良いだろ」

そう言ってアヴィはベッドに向かっていく。
私もアヴィとは違うベッドへと体を沈めた。


「弥空は昔から徹夜とか出来なかったもんな」

「睡眠は大切なんだよ…」

そう口にしながらも、私は睡魔に引きずられるように眠りについた。



*2015/12/06


BL小説コンテスト開催中
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -