能力


この小説は、とある科学の超電磁砲×マギのクロスオーバーとなっております。
愛されや最強設定、捏造に不快感を覚える方の閲覧はお勧め致しません。
読まれてからの中傷、批判は受け付けませんのでご了承ください。
尚、とある科学の超電磁砲を知らずとも読めるように自分なりの解釈で書き勧めますので、原作と相違点が出来てしまうと思われます。


▽学園都市とは
東京都の西側3分の1の規模、総人口230万人の内8割を学生が占める都市。
学生全員を対象にした超能力開発実験が行われており、全ての学生はレベル0(無能力者)からレベル5(超能力者)の6段階に分けられ、様々な能力を日々開花させている。
学園都市でもレベル5は7人しかおらず、レベル6の存在は証明されていない。


▽夢主の能力
多重能力(デュアルスキル)
複数の能力を自在に操れる。
・幻想殺し(イマジンブレイカー)
レベル?、能力を消すことが出来る。
・超電磁砲(レールガン)
レベル5程度、速度と連射性に優れた高電圧を放出する事が出来、落雷発生や物体に電磁加速を加えて放つことも可能。
・水流操作(ハイドロハンド)
レベル5程度、水を操ることが可能、水滴を加速させ打つことや、津波や霧などを自然に起こすことも可能。
・空力使い(エアロハンド)
レベル5程度、触れた物体から空気を噴出させ、飛ばす能力。
手で触れた部分に噴射点を作ることで気流の強さ・方向を自在に設定し、対象物をミサイルのように飛ばすことも可能。


▽幼馴染みの能力
・座標移動(ムーブポイント)
レベル5、触れずとも物や己を自由自在に移動させることが可能。



*2015/11/22


話題のバーチャルSNSアプリ
バチャスペ
- ナノ -