盗賊退治


シンドバットさんは、アラジンに霧の団を一緒に捕まえて欲しい、そう提案した。
アラジンとモルジアナは少し考えたが、モルジアナがやりましょうと、アラジンに言った。


「暗黒大陸行きの船を止めている原因が件の霧の団だからです、霧の団を倒せば船も出航するはずです、さらに先程の話ではこの方はバルバッド国王と親交があります、問題を解決すれば、アリババさんを探すのに国の力を借りられるかも知れません」

「ほぉ、モルジアナは頭がいいな!」

「人探しをしているんです、王様に頼んでくれますよね?」

「勿論だ、バルバッド国王にかけあった上で国中を探そう、さらに暗黒大陸行きの船も俺が責任を持って手配するよ、それでどうだい?」

「やるよ!盗賊退治!」

「そうか!では早速…」

「ちょっと、待ってください」

話が纏まって来ていたので、慌てて遮る。
皆は私を見て、何かあったのかとでも言うかのように首を傾げる。


「おい、モルジアナ、さっきなんて言った?」

「え、さっきですか?」

「おう、人探しをしているって言ったよな、そいつの名前は」

「アリババさん、ですけど…」

「もしかして、そのアリババって、チーシャンで迷宮を攻略した人?」

「!アリババくんを知っているのかい?」

アラジンとモルジアナが驚いたように私とアヴィを交互に見る。
私たちもアリババと言う名前が出て驚いたのだ。
まさか、私たちが探しているアリババという青年が、アラジンの友人だったとは。
偶然、の一言では片付けられない。


「いや、一方的に知っているだけだ」

「私たちはそのアリババって人に会いたいの」

「それは、どうしてだい?」

「それは…」

「俺達、元奴隷で、チーシャンでアリババって人に救われたんだ」

「!そうだったんですか…」

アヴィが何時ぞやの露店での設定を取り出し、元奴隷のため、アリババに感謝をしたいということにしたのだ。
なぜそんな設定を、とも思ったがすぐに納得した。
こんな所で、金属器に用がある、なんて発言したら問い詰められるであろう。
何故、金属器に用があるのか、と。
まさか異世界から来たので、帰るためですだなんて馬鹿な発言は出来ない。


「まさか、アラジンたちの友達だったなんて…」

「僕も驚いたよ、だから故郷は無いって言ってたんだね…」

「ああ、うん」

そういうことにしておいた方が良さそうだ。
そう思い、曖昧にだが頷いた。


「そういう訳だから、私たちにも盗賊退治を手伝わせて欲しい」

これで、アリババさんに会うという目的に一歩近づけるはず。



*2015/11/29


話題のイラストメタバース
バチャスペ
- ナノ -