インターネット



テキストサイトの共通御題に私も参加させて頂きたく。
まず、インターネットを語る前に自分がいわゆるパソコンというものに触れたのは、まだ未就学児の頃でした。
その頃、パソコンの画面は黒く、文字は白く、そんな時代でした。
立ち上げる時にハニリイト、などと言ってももう誰にも通じない…

その後自分がインターネットで外界と接触した頃は、今では考えられませんが、
単色テキストサイトが主流で

築城のサイトにようこそ!

入り口はだいたいこんなんでした。ええ。

16色ドット手打ちで書いたりしたイラストや、三角波の音楽などをDLするだけで長時間かかったり。

しかしとにかく当時はネット=常に外界・他人と接触というイメージだったので
今のように閉じた(と錯覚する)内側、いわゆるブログやTwitterを他人が見たければ見る、
だから外界と繋がっている意識が希薄で醜態を晒すって人は少なかったかも知れません。
単にイタい人達は昔はチャットルームなどに隔離されてたのが、
今はLINEやSkypeなどの無料サービスで盛大に放流されただけという気も致します。

まあネットリテラシー云々は言いませんが。
実生活と同じで、馬鹿な事をやる奴はやるしやらない方は絶対やらない訳で。

本当色々進化したなあと思って書き始めただけなのに、年寄りの語りは長いアレが発動して
説教臭い内容になった事にびっくりです。
単にマジ進化したっすよね!みたいなノリでお話ししたかっただけなのに。

それよりこんなに世の中が進歩してるのに、今でも神職系がネットしてると言うと
結構びっくりされたりするよね、と町内の集まりの時にお寺の息子と話してました。

サイト設置し掲示板で各種相談承る神社とかもありますし、いずれネットさえあれば何でも出来る世の中になりそうな。

うちもzipで御札詰合せ通販とかやるか

因みに、祝詞CD通販はもう有るのを確認しました。
そのうちSkype御祓いとか出るかもな…

そういう時代になっても取り残されないようにインターネットを通じ、外界と関わってゆきたい次第。

何このまとまりのない文章。

20130915

雑記頁
×