Note | ナノ





貴方が花京院さんを忘れられないのは知っている。
それでも僕は貴方の傍にいたい。
彼が忘れられないのならば、僕は彼の代わりで、代理で構わない。
貴方の中の空洞が、それで埋まるのならば、僕は喜んで代わりを務める。
だから、だから承太郎さん、僕を傍においてください。



×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -