アクセス制限機能充実
夢小説のDLove


Secret Page



設定資料 -準備中-



*トルマリンシューター
「マスター、早く飯の準備をしてくれ。」
「こっこれは…腹が減ってたからだ、そうに決まってる。」
「この距離なら確実に堕とせるな。」

*サムライ♀
「大丈夫です! 一人前のれでぃならば容易い事です!」
「失敗しちゃいましたぁ…。ごめんなさいですぅ…。」
「薙ぎ払っちゃいますよ〜 ぶんぶんっ!!」

*ルーンランサー
「うぐっ…ああっ!! この力…危険すぎる…!」
「くそっ…。僕はまた過ちを犯してしまった…!」
「ハァ…ハァ…暴走が止められないッ…!!」

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -