ニール×




「"燈籠流し"って知ってる?」


部屋に入るなり、俺はそう言われた。

慣れた手つきでコーヒーを2人分入れる。

一方は俺、もう一方は彼女に渡した。


「ありがとう」

「いや。で、何なんだよ"燈籠流し"って」


ベッドに腰掛ける彼女の隣に座って、まずはコーヒーを一口。

今日はブラックの気分だ。

甘党の彼女には砂糖とミルクをたっぷり。

香ばしい香りが部屋中に充満する。


「"燈籠流し"って言うのは日本の伝統行事よ。木枠と紙でできた籠に蝋燭を入れて川に流すんだって」

「へー、よく知ってるなルシア」

「ふふ、刹那に聞いた」


なるほどと俺は同意を込めて笑った。

日本に潜伏中にたまたま知ったんだろう。

あれでなかなか熱心な奴だからな。

俺は更にもう一口、コーヒーを啜る。


「そうだ、今から作ろっか」

「おいおい、いきなりだな…」


そう言いつつ立ち上がる俺。

言ってる事とやってる事が反対だ。

2人分のカップをサイドボードに置く。


材料集めはすぐに終わった。

備え付けの椅子に2人で座って作業する。

あーだこーだ言いながら、少しずつそれは形を作っていった。

30分もあれば燈籠は完成。

ちょっと不格好だが、まあ上出来だ。

次にルシアは表面の紙に絵を入れていく。

俺はその様子を黙って横から見つめた。



「ねぇロックオン」



ふと、ルシアが俺の名前を呼ぶ。


「なんだ?」

「どうして燈籠流しすると思う?」

「どうしてって…」


そんなの知ってる訳がない。

俺はあれこれ考えて黙り込んだ。

こんなものに意味などあるのだろうか。

そんな俺を他所に、ルシアは話を続ける。



「送り火」

「は?」

「死んだ人の魂を送る為なんだって」



―できた

ルシアはペンを置いて燈籠を見た。

それは室内灯の光を浴び、柔らかく光る。


「今度地球に降りたら流そうね」


サイドボードからカップを取って飲んだ。

ちょっと放置していたせいか、それは冷えていて妙に苦く感じる。

何で今日に限ってブラックにしたのか。

俺はルシアを抱きしめて少し後悔した。



傷痕を確かめながら
(いつの間にか深く傷付いていた君、)


一体いくつ流したら、

俺たちが奪った魂たちを送れると言うの。



―――――
ロックオン夢でした。
今回はちょっと切ない目に。
…いや、いつも切ない気がする?
燈籠流ししたことないです。
彼らとかほんと何個作れるんだ。
きっと人手が足りないだろうな。
でもそれだけ命を奪ってるんだよね…。
そう思うと悲しすぎる。

*灰色ロマンチスタ
(2009/1/24)

戻る
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -