ニール×




「良いな、これ」


そう言って私はテレビを見る。


「良いなって、お前これCMじゃねえか」

「ロックオンお疲れさま」

「いや、俺は別に構わねえよ」


後ろから声がした。

振り向けばロックオンが居る。

お昼ご飯の後片付けをしてくれたのだ。

彼は私の隣にぽすりと収まる。


「でも凄く素敵じゃない?」

「…もしかしてCMの内容の話か?」

「え、違うの?」

「俺はガン治療の話かと」


そうかそっちかと言って、ロックオンは鳶色の髪を掻いた。

私が見ていたのはとあるCM。

たまたまテレビを点けたら目に入った。

世界で活躍するフィギュアスケーターさんが病気にかかってからのお話である。

中でも最後のシーンに私は惹かれた。


「氷上のプロポーズ、憧れるなぁ」


そう言って、私はうっとりする。

あんな素敵な告白は本当に憧れだ。


「…ルシア、あんな風にプロポーズをされたら嬉しいか?」

「そりゃそうだよ、女の子なら!」

「でもルシアは滑れないだろ」

「うっ、それは…」


正直痛い所を突かれた。

幼い頃からスポーツが大好きな私。

でもスケートだけは別だった。


「現に去年も骨折してるし…」

「う、うるさい…っ!!」


そう、去年の今頃に骨を折っている。

つくづくスケートとは相性が悪かった。

はぁとため息を吐くロックオン。

一方私は拗ねて顔を逸らしてしまう。

きっと呆れているだろう。


「…とにかく、諦めるんだな」

「……ロックオンのケチ」


そう言えば頭を軽く小突かれた。




(お望みならば何だって)


「ルシア、こんなプロポーズはどうだ?」

「…っ、ばか。ばかロックオン!」


人で溢れるスケートリンクでキスを交わしたのは、また別のお話。



―――――
ロックオン夢でした。
某CMから、ネタを頂きました!
あのCM本当に素敵ですよね。
凄く大好きだわ、あれ。
氷上のプロポーズ…良いな。
はぅ、本当に憧れる!
ニールならしてくれそうだよね。

*title:灰色ロマンチスタ
(2008/12/29)


戻る
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -