「酒井勝軍(さかいかつとき)」

1873〜1940年。

古代史研究家。

パレスチナ、エジプトを訪れ、現地で大ピラミッドの秘技 を伝える幻の超古代文書『トート第二の書』を入手。

帰国後、独自の日本ピラミッド仮説を提唱し、『太 古日本のピラミッド』を発表、大きな話題を読んだ。

日ユ同祖論にも言及している。

戻る
 
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -