「イカモドキ」

1996年11月、インディアナ州アンダーソン市にある自動車部品組み立て工場内の廃液槽で発見されたUMA。

廃液槽を清掃しようとした人達が廃液の中で泳いでいるところを発見したという。

体長は約2メートルで触手をもっているが、イカのようでもありミミズのようでもある形容しがたい姿をしていたという。

廃液槽は剥離剤や不凍液などの化学物資で満たされており、生物が生息できる環境ではない。
偶然環境に適応し進化した生物なのかもしれない。

イカモドキ 追記
戻る

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -