「青坊主」

鳥山石燕の画集『画図百鬼夜行』に一つ目の法師の姿として描かれ、また日本各地の伝承に現れるが、様相はそれぞれ異なる妖怪。

佐脇嵩之の『百怪図巻』などの妖怪画にある目一つ坊を原案として描かれたとされる。

「青」は未熟の意に通じるため、修行の足りない坊主を妖怪として描いたとの説もある。

妖怪に関する項目へ戻る

ツイート

 
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -