「日本八天狗」

数多く存在する天狗の中には 強力な神通力を持つとされる大天狗と呼ばれる天狗がいる。
その力の強大さから信仰の対象にもなった 神に近い存在の天狗たちである。


☆愛宕山太郎坊(あたごさんたろうぼう)
→京都の愛宕山に棲む大天狗。
 数多くの眷属を従え、火を司る。
 天狗の総大将として知られる。

☆鞍馬山僧正坊(くらまやまそうじょうぼう)
→牛若丸に武術を仕込んだことで有名な鞍馬天狗。

☆比良山次郎坊(ひらさんじろうぼう)
→もとは比叡山の天狗であったか、比叡山に法力の強い法師が多数集まってきたため、滋賀の比良山に移り住んだといわれている。

☆飯綱三郎(いづなさぶろう)
→長野の飯綱山に棲む。
 竹筒に入るほど小さい「管狐(くだぎつね)」を飼い、それを使役する「飯綱の法」という術を使う。

☆相模大山伯耆坊(さがみだいせんほうきぼう)
→もともと鳥取の伯耆大山に棲んでいたのだが、神奈川の相模大山にいた相模坊(さがみぼう)が四国の白峰に移ったため、その後任として相模大山へ来たという。

☆大峯前鬼坊(おおみねぜんきぼう)
→もとは奈良の生駒山に棲む鬼だったが、修験道の開祖・役小角に改心させられた。
その後、妻の後鬼とともに役小角に付き従って山々をめぐった。

☆白峰相模坊(しらみねさがみぼう)
→讃岐国に流刑になり、香川の白峰で憤死した崇徳上皇の御霊を慰めるため、相模から移ってきたとされる。

☆彦山豊前坊(ひこさんぶぜんぼう)
→福岡と大分の境にある英彦山(ひこさん)を守護する。
 英彦山は、羽黒山、大峰山と並び日本三大修験の山のひとつに数えられる。

天狗 概要へ
妖怪に関する項目へ

ツイート


 
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -