「天狗」

【概要】

日本の民話や伝承に伝わる想像上の妖怪で、顔が赤く、鼻の長く、修験者姿で、一本歯の高下駄を履き、背には翼を持ち、風を起こす葉団扇や錫杖(シャクジョウ)を持つとされる。しかし天狗にも種類があり、この姿のものは大天狗(鼻高天狗)という。鼻の長い天狗を大天狗というのに対して、尖った嘴(クチバシ)を持つ小型の天狗を烏天狗、あるいは小天狗という。

大天狗は愛宕山太郎坊(アタゴヤマタロウボウ)を筆頭に48体存在し、各地の霊山に棲んでいるという。

天狗ははしばしば輝く鳥として描かれ、松明丸、魔縁とも呼ばれた。


詳細へ
日本八天狗へ
妖怪に関する項目へ戻る

ツイート


 
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -